*ゲームを読む*

ゲームまるごと文字起こし

【番外編】 G線上の魔王 サウンドドラマ ―償いの章― 第一巻 【ドラマCD】

G線上の魔王 サウンドドラマ

―償いの章― 第一巻

 

 

 

f:id:Sleni-Rale:20201023230323j:plain

 

 

 


"残されたハル"


ハル「…もう一度、お願いします…。 京介くんはなんて…?」

刑事「君を利用したと供述している。 …あわよくば、君に"魔王"を殺させようとしたと」

ハル「そうですか…」

刑事「宇佐美さん。 しつこいようだが、君は…浅井京介が拳銃を所持していた事を知らなかったんだね?」

ハル「それは…はい。 知りませんでした」

刑事「同棲していたのに?」

ハル「京介くんが、捨てたと言っていたので」

刑事「それを信じていたと?」

ハル「…はい」

刑事「うん…。 浅井京介は君を…殺人に利用するくらいしか使い道が無かったと言っているが…。 それについてはどう思う?」

ハル「……っ」

刑事「君を愛してはいなかったようだが」

ハル「…そんなこと…ない…」

刑事「…ん?」

ハル「そんなことない…。 絶対に、そんなことない!」

刑事「…今日はこの辺にしておこう」

ハル「…すみません」

刑事「しかし、腑に落ちないねぇ」

ハル「はい?」

刑事「いや、独り言だよ。 浅井京介が本当に君を利用していたのだとしたら…なぜわざわざ全てを暴露したのだろうなぁ。 彼が自白したのは、結局のところ君が"拳銃を触っていない"という一点に絞られる。 …なぜかな? 青臭い小僧が自分の計画をひけらかしたかっただけなのか…。 それとも…」

 

――私をかばっているんだ…!

 

G線上の魔王 サウンドドラマ

―償いの章―


・・・・・・。

 

・・・。

 


"京介のいない学園"


・・・。


椿姫「あっ……栄一くん。 おはよう、あのねっ!」

栄一「……京介の事なんだけどよぉ……」

椿姫「うん。 私も、そのお話がしたくて」

栄一「…まったくよぉ。 数多の伊達ワルレジェンドを築き上げてきた俺ちゃんも、流石に引いちまったぜぇ・・・」

椿姫「……う、嘘だよ、ね。 浅井くんが…」

水羽「今…留置所にいるのは、事実みたいね…」

栄一「いきなりご挨拶じゃねぇか、白鳥ちゃんよぉ」

水羽「殺人、銃刀法違反……。 容疑を概ね認めてるって」

花音「そんなの嘘だよ」

椿姫「花音ちゃん……」

花音「だって兄さん、ヤクザじゃないもん。 テレビはみんな、嘘ばっかり! 私もよくテレビ出るから分かる。 面白くするために必死なの」

栄一「おっ、よく言い切ったな花音! 初めてお前を尊敬したぜ!」

花音「栄ちゃんももう、ぶりっ子するのやめたんだね」

栄一「バレちまったもんはしょうがねーからなぁ。 そうだよ、理科準備室の神とはオレのことよっ!」

水羽「……なんにしても……。 面会には行こうと思うんだけれど……」

栄一「……な、なんだよぉ。 てめぇ、良いこと言うじゃねーか」

水羽「……借りがあるから」

花音「のんちゃんは一人で行くよ」

栄一「あぁっ? なんだてめぇ!? みんなで行ったほうが盛り上がるじゃねぇかっ! なぁ、椿姫!」

椿姫「……あっ、うん。 ごめん、私も面会に行くなら一人で行くつもりだったの」

栄一「……ふーん。 なんか、訳アリってやつ

かよ。 じゃ、オレは宇佐美を誘うよ」

椿姫「そのっ、ハルちゃん、なんだけど……。 ねっ」

花音「……うん。 連絡つかないよね?」

水羽「浅井くんと同棲してたみたいだけど……」

栄一「……お、おいっ! オレを、見るなよ! オレは、なんも知らねーぞ! ……あぁ、でも京介の野郎が宇佐美にマジ惚れしてたのは間違いねぇなー……。 ったくよぉ、宇佐美のヤローも学園に来ねェで何してんだぁ? ……ちょっと様子見に行ってみっかぁ、めんどくせーけどぉ」

 

・・・・・・。

 

・・・。

 


"栄一とハル"


・・・。

 


コン、コン、コン


栄一「おーい、宇佐美ー!」


ピンポン

ピンポン

ピンポーン


栄一「おいコラァ! 居るんなら居るって言え! 居ないなら居ないって言え!」


ガチャ


ハル「……あ、どうも……」

栄一「……あぁ、居るじゃねーか。 居留守ぶっこいてんじゃねーよ……!」

ハル「……私の家、ご存知だったんスね……」

栄一「白鳥に聞いたよ。 ……ンな事より、オメーなにしてんだ?」

ハル「……なにって、普通に、生きてますけど?」

栄一「学園は?」

ハル「……あ、明日から、ちゃんと出ようと思ってました」

栄一「……ふーん。 なんだよ、割と元気じゃねーかよ。 心配して損したぜ」

ハル「ども、ご心配をおかけしまして……」

栄一「……まあいいよ。 京介の面会行こうぜ」

ハル「……面会、っスか……?」

栄一「そうよ。 知ってんだろ? 奴は今、あらぬ疑いをかけられて、流石にまいってる筈なんだよ」

ハル「……えぇ。 殺人は、事実のようです」

栄一「あぁ?」

ハル「浅井さんが"魔王"を撃ち殺したんです。 直接、警察の人から聞きましたから」

栄一「……マジかよ」

ハル「……私も、刑事さんにこっぴどく絞られましたから。 まず間違いはないかと……」

栄一「……ねぇ、話が見えないんだけどさ。 京介は、なんで"魔王"を殺したわけ?」

ハル「……復讐、だそうです。 養父の、浅井権三さんの……」

栄一「……拳銃持ってたってのも、マジ?」

ハル「はい……」

栄一「お前、止めなかったの?」

ハル「……すみません。 気絶してしまっていたので」

栄一「気に入らねぇなぁ」

ハル「すみません、役立たずで」

栄一「ちげーよ。 てめぇの、今のその落ち着き払った態度が気に入らねぇんだよ」

ハル「……はぁ」

栄一「はぁ、って……まぁいいや。 ホラ、とっとと支度しろよ」

ハル「……あっ、ど、どちらに行くんスか?」

栄一「だから警察署行くんだよ、面会に!」

ハル「私は、今の所は面会には行かないつもりです」

栄一「あぁっ!?」

ハル「会わないほうが良いのではないかと」

栄一「なんでだよ!?」

ハル「……っ」

栄一「おいっ!」

ハル「……実は、刑事さんから聞いたんですが。 ……浅井さんは、私を利用していただけなのだと。 夜中に私にこっそりと拳銃を握らせておいて……。 あわよくば、"魔王"を殺させようとしたのだと」

栄一「……ふーん。 それでなに? 冷めちゃったわけ?」

ハル「……っ」

栄一「京介のこと、もうどうでもいいわけ?」

ハル「どうでもいいとは、言いませんけど……」


――ッッ


栄一「痛ッ!」

ハル「ど、どうしたんスか!? いきなり、壁を蹴飛ばして!?」

栄一「……いってぇ! ざけんなコラァ!!」

ハル「……はい?」

栄一「京介がよぉ、あのテロの時によぉ……。 てめぇの為にどれだけ死にものぐるいだったのか、てめぇには分からねぇのか!!」

ハル「……っ」

栄一「お前を利用してただと!? おめー、マジでそんな話信じてんのか!? 頭悪すぎるんじゃねーの!?」

ハル「あ、あのぉ! ……エテ吉さん」

栄一「見損なったぜ、宇佐美。 てめーは切り刻んでワニの餌にしてやんよ!」

ハル「すみません、ちょっと!」

栄一「あんっ!?」

ハル「風邪を引いていましてね。 それにちょっと吐き気がして……。 今日は、この辺にしてもらえませんかね?」

栄一「……っ! 消えてほしいってか? あーそうかよ、オレもそうしたかったところだ!」


ガタン!


・・・。


ハル「……ごめんなさい、栄一さん」


・・・・・・。

 


・・・。

 


"心配する仲間たち"


・・・。


水羽「……ハルっ! ……お、おはよう…!」

ハル「……あぁ、水羽。 どうしたんだ? 朝から血相変えて」

水羽「ハルこそ大丈夫? いつも以上に鬱々とした顔、してるけど……」

ハル「……それより、なにか聞きたいことがありそうだけど」

水羽「浅井くんのことよ、ニュースで見たんだけど……。 あの人、本当に、ひ、人を……手にかけたの……?」

ハル「……だと、思う。 私も、人殺しの瞬間を見ていたわけではないけれど……」

水羽「そんな……! 一体どうして?」

ハル「昨日、栄一さんにも話したけど……。 復讐のためだって。 お義父さんを殺されたから、その敵討ちだって」

水羽「い、意味が分からないんだけど……」

ハル「私にも、よく分からないけど。 ヤクザの方には、そういう……」

花音「兄さんはヤクザじゃないよっ」

ハル「……っ! 花音……。 アメリカから帰って来てたんだな」

花音「……ウサミン。 兄さんと一緒に暮らしてたんでしょ?」

ハル「ちょっとの間だけだよ。 ……ごめん、黙ってたわけじゃないんだけど……」

花音「別にそれはいいよ。 兄さんもウサミンのこと好きだったんだろうから。 ね、シラトリンっ!」

水羽「わ、わたしは……。 浅井くんが、誰を好きでもどうでも良いけど……」

花音「私が言いたいのはね、ウサミン」

ハル「う、うん……」

花音「止めること出来なかったのかな、ってこと」

ハル「……っ」

花音「私、珍しく色々考えたんだけど……。 やっぱり、兄さんが悪者には思えないんだよ」

ハル「…‥っ! 私が悪いって!?」

水羽「ぇ……? どうしたの、ハル?」

花音「誰もそんなこと、言ってないよ……。 なんで怒るの?」

ハル「……っ。 ご、ごめん……」

花音「……私にはわかんない、どうしようもない事情があったんだろうな、って思ってたの。 だから、それをちょっとでもウサミンから聞きたかったの」

水羽「……ねぇ、ハル? 事件当日のこと、詳しく教えてくれない?」

ハル「……そんなに、知りたいの……?」

水羽「浅井くんには、助けてもらった借りがあるから……。 彼の苦悩を、少しでも理解したいの」

ハル「私にも分からないよ。 浅井さんの苦悩なんて……!」

水羽「……ハル……」

ハル「ご、ごめん……。 また、今度にして」


・・・。


花音「……ウサミンも、辛いんだよね……」


・・・・・・。

 

・・・。

 


"椿姫の想い"


・・・。


椿姫「は、ハルちゃん……待ってっ!」

ハル「……っ、なに?」

椿姫「ちょっと、お話できない?」

ハル「ごめん、ちょっと風邪気味で……」

椿姫「ちょっとで、いいからっ」

ハル「悪いけど……ここのところ、ずっと熱があって……。 頭が回らないんだ」

椿姫「……浅井くんに、会ってきたの」

ハル「……っ! なんだって…? 会ってきた? 浅井さんに!?」

椿姫「昨日、警察署に行って……面会してきたの」

ハル「げ、元気だった!? どうだった? なにか言ってた!?」

椿姫「ちょ……っ」

ハル「……あぁ、と、とにかく……。 ここじゃなんだから、私の部屋に来ないか?」


・・・・・・。


・・・。

 


椿姫「浅井くん……。 嘘だよね?」

京介「おいおい。 冗談でこんな場所に入れられるかよ」

椿姫「だって、信じられなくて……」

京介「俺は人殺しだ」

椿姫「嘘だよ。 なにか、理由があったんでしょ?」

京介「あぁ。 奴は浅井権三を、俺の養父を殺したからな。 ……その敵討ちってやつだ、カッコいいだろ?」

椿姫「……っ」

京介「そうそう。 お前の弟が誘拐された時のことだがな、今だから教えてやるが……。 俺はとっととお前たちに家から出ていって欲しかったのさ。 俺は善意でお前たち家族に協力していたんじゃない。 全て"カネ"のためだ」

椿姫「……ちょっと前にね。 お家に、小包が届いたの。 ……中身、なんだと思う? お金だよ。 五千万あるって、お父さんが言ってた。 送ってくれたのは、"魔王"だって。 今までの罪を反省してるって、添え状があったの」

京介「……ほぉ、そりゃ良かったな」

椿姫「うん……。 お父さんも、広明も……みんな喜んでた」

京介「そうかそうか! これも日頃の善行の賜物だな」

椿姫「でも、私は素直に喜べないんだよ」

京介「……なに?」

椿姫「だって、それは……そのお金は、きっと」

京介「なんだよ……。 "魔王"が反省してるって言ってたんだろ? 椿姫のくせに人を疑うなよ」

椿姫「私はあの事件で、少しだけ変わったんだよ?」

京介「ちっ……」

椿姫「いいんだよ? 浅井くん」

京介「あ……?」

椿姫「私たち、お友達だよね? だからね、殺人犯のお友達でも平気だからっ。 今日もね、お家にどこかの雑誌の人が来たよ。 学園での浅井くんの様子を聞かれたよ! それでね、私、こう答えたんだっ。 浅井くんは冷たそうだけど、本当はとっても良い人ですって!」

京介「……っ」

椿姫「だから、平気なんだよっ!」

京介「……ふんっ。 なんだよお前」

椿姫「……ぁ、なぁに?」

京介「まさか、お前俺に気があったのか?」

椿姫「ぁっ……!」

ハル「だったら残念だったな。 俺はお前みたいな女が大嫌いでね。 二度と来るな……。 お前の顔なんて見たくもない……」

椿姫「……ぁっ、浅井くん! 待って、待ってよぉ!」


・・・・・・。

 

・・・。

 

ハル「……そうだったんだ。 辛かったね……」

椿姫「わたしっ、今でも信じてるよ。 ひどいこと言われたけど、あれはきっと、私のためを思ってのことだって……」

ハル「そう……」

椿姫「……浅井くん、きっと……私に迷惑かけたくないって、思ってるんだよ」

ハル「……ぅん」

椿姫「ぁっ……、ごめんねハルちゃん」

ハル「なにが?」

椿姫「……その、私の……気持ち。 浅井くんの、こと……」

ハル「……ぃや。 それは、知ってたし……。 私の方こそ、なんというか……。 ごめん」

椿姫「ううん、浅井くんがハルちゃんを選んだんだから。 私は、彼が幸せであれば……それでいいの」

ハル「幸せ……」

椿姫「だからっ、ハルちゃんも、もし良かったら面会に行ってあげて。 浅井くん、喜ぶと思う」

ハル「そ、そうかな? 逆に困らせるだけじゃないかな?」

椿姫「……きっと、私と同じように口の悪いことを言うと思うけど……。 内心は、ハルちゃんに会えて、嬉しいはずだよ」

ハル「嬉しい反面、また浅井さんを苦悩させてしまうかも……」

椿姫「どういうこと?」

ハル「椿姫の言うとおり、もし面会に行ったら……。 浅井さんは私をなじると思う。 血を吐く想いで、私を拒絶すると思う……。 分かるかな?」

椿姫「……ハルちゃん」

ハル「京介くんに、そんな思いをさせたくない。 それに、会いに行ったら私自身どうなってしまうか分からなくて……。 どうしたらいいのか……っ……! ど、どう思う……? 椿姫……」

椿姫「……。 ハルちゃんが、私に意見を求めるなんて……。 本当に悩んでるだね」

ハル「……っ、もう……頭がおかしくなりそうなんだ……。 辛くて夜も眠れないし、ご飯も食べられなくて……。 淋しくてキツすぎて……いっそ、こんなに、苦しいなら……。 いっそのこと……私も刑務所に入ったほうが良いって……」

椿姫「ハルちゃん! あんまり自分を追い込まないで!」

ハル「でもぉ、でも私のせいなんだ!」

椿姫「……ハルちゃんの、せい?」

ハル「……っ!」

椿姫「どういうこと? 浅井くんが人を殺したのは、ハルちゃんのせいなの?」

ハル「ぃ、いや……!」

椿姫「詳しく、教えてもらえないかな? やっぱり、浅井くんは復讐の為に人を殺したんじゃないよね? ニュースでやっているような、事実と違うんでしょ?」

ハル「なんでもないっ! ……今のは、忘れてくれ」

椿姫「待って! ハルちゃんを責めたいわけじゃないのっ!こんなに苦しんでるハルちゃんを見るの、初めてだから……。 なにか、力になれないかなって」

ハル「いいから忘れてくれ!」

椿姫「……っ」

ハル「……ご、ごめん……。 もう、一人にして。 勝手ばっかり言って、ごめん」

椿姫「……わかったよっ。 ……また、様子見に来るね」

ハル「……ありがとう」


・・・。


シャワーを浴びるハル。


ハル「……っ、なにをしているんだ……私は。 みんなを傷付けて……、心配させて……。 京介くんにも庇われて……。 でも、私が真実を告白したら、京介くんの決意を無にしてしまう。 ……そうなったら、京介くんは私を許さないだろうし、ひどい絶望を味わわせてしまうだろうし……。 ……っ……ぅぅ……どうしたらいいんだ……。 自分だけ、助かっていいのかな? 京介くんに守られるだけでいいのかなっ……! いや、いいわけがない! ……私が悪いんだから。 ……そう、私が京介くんを殺人犯にしてしまったんだ……! だからっだから! ……っ……ぅう!? ……ぅ……。 はぁ、はぁ……。 ち、ちが……。 私は、ただ会いたいんだ……。 一目でいい、京介くんに会いたい……! 声が聞きたい! ……また気持ち悪いって馬鹿にしてほしいっ! ……髪の毛掴んで、ぐしゃぐしゃってしてほしいっ……! ……ぅう、会いたい……! 会いたいよぉ……! きょ、すけくん……! 京介くん……!! ……ぅう……」


・・・。


ハル「……っ、誰か、来たのかな?」


部屋を調べるハル。


ハル「……っ、手紙……? ……消印がない。 誰だ!? 誰からっ」


――ッッ


ハル「っ!? 『かわいいぼうやおいでよ おもしろいあそびをしよう "魔王"より』……!!」


・・・・・・。

 

・・・。

 

"K"


・・・。


『こんばんは。 ニュースの――』


「人殺しが楽しいと思えるほど切れてはいないさ。 ………ただなんだろなァ、俺は平凡な家庭に育った。 平凡な両親がいて、平凡な学校を出て、波風の立たない毎日を繰り返していた。 友達もそれなりにいて……ま、特に持てたわけではないが、それなりに恋愛もした。 特別なことは何もなかった。 こんな商売をしている俺は確かに一般的ではないが……。 仕事ってのは例えばサラリーマンだろうがヤクザだろうが、それぞれ特殊な面があるだろ? そりゃあ修羅場はくぐったし、自ら演出 もした。 でもそんな時、俺の感想は『まぁこんなこともあるか』って程度でね。 金も欲しいが、有り余る程はいらない。 とくにワルに憧れていたわけでもない。 じゃ、"普通"を憎んでいるのかって? "普通"でありたくないと考える事自体、"普通"そのものだわな。 ……そこまで考えるとどうでも良くなってしまう。 強いて言えば……あぁ、そう。 面白そうだったから、で説明はつくか? ……はは、"魔王"もそんなこと言っていたな。 面白ければ良いじゃねぇかと。 だが"魔王"は死んだらしい。 弟の浅井京介に殺されたというが……。 正直、ショックだな。 久しぶりに面白い男に出逢ったと思っていたのに。 機会があれば俺が"魔王"を殺してやりたかったな。 動機は特にないさ。 テロの時、警官を2人殺したが……あの時も必要だから殺しただけ。 ただ、"魔王"は敵になるなら最高の存在だった。 むしろ、いつか敵になってほしかった。 つくづく俺の人生には敵が必要だと思っている。 俺が自分の人生を情熱的に生きる為には、敵であり、悪であり、そう仮託できる思い込みが思い込みが必要なんでね。 ……頭がおかしいって? いや誰だって似たようなものさ。 例えば人が誰かと繋がって恋愛して家庭を持とうってのは、自分の人生をより良く過ごしたいからだろ? 俺にとっての敵ってのは、恋人よりも尊い生涯のパートナーって意味があるんだよ。 まっ、そんな難しく考える必要はない。 人を殺すのに血の通った理由なんていらないんだよ。 それなりに暇つぶしになるし、刺激的でもある。 ……あぁ、それだけでいい」


『今朝、スイスに到着した――』


「宇佐美ハル、か。 広域封鎖事件の時、"魔王"が乗り込んだバスに必要以上に近付いていた少女……なんのバックボーンも無い、ただの学園生……。 しかし"魔王"に歯向かい、最後の最後で"魔王"の計画を狂わせた……。 お前は敵か? 敵に値するのか? ……まぁいい。 一先ず、面白い遊びをしてみようか。 "魔王"を偲んでな……」


・・・・・・。

 


・・・。

 


"勇者が生きるために必要なもの"


・・・。

 

椿姫「ハルちゃん、昨日はよく眠れた?」

ハル「あぁ、椿姫……。 少し眠れたよ。 それより、昨日はごめん。 いきなり追い返してしまって……」

椿姫「あぁ……ちょっとだけ、顔色良くなったね」

ハル「……そうかな? 私、元気になってる?」

椿姫「……元気になった、っていうより……。 なんだろう、なにかやるべき事を見つけた、みたいな……。 なにかあった?」

ハル「いいや、なにも……」

椿姫「本当に?」

ハル「……はは、椿姫もちょっと変わったなぁ。 前はそんなに疑い深くなかったのに」


???「う、宇佐美さん……ちょっといい?」

ハル「……あぁ、はぁ……ぇ、えとぉ?」

椿姫「藤島くん……おはよう。 どうしたの?」

藤島「お前に用は無ぇよ。 それより宇佐美さん、放課後ちょっと時間ある?」

ハル「へ? ……ぇ、えと……その前に、あなたは隣のクラスの人っスかね?」

藤島「藤島だよぉ、あぁ、腹を見ないでよ」

ハル「お腹? ……別に見てませんけど」

藤島「みんな僕のことデブだって思うんだよなぁ。 でも、宇佐美さんは違うよねっ」

ハル「え? ……まぁ。 で、なんでしたっけ?」

藤島「とにかく、放課後ちょっと話したいことがあるから、校舎裏に来てよ」

ハル「……えっとぉ……」

藤島「来るよね!? 待ってるからぁ。 あは、あははははっ」


・・・。


椿姫「……行っちゃったね」

ハル「……っ。 なんなんだ? あの人」

椿姫「藤島くんっていう、隣のクラスの人。 生徒会で一緒でね、真面目な良い人だよ」


栄一「良い人な訳ねーだろぉ? あいつは変態で有名だぜ」

ハル「あ……エテ吉さん」

栄一「おう、宇佐美。 この前はご挨拶だったな。 ……まぁ、俺ちゃんもちょっとは言い過ぎたかなって思ってるから。 とりあえず許してやる」

ハル「ありがとうございます」

栄一「にしても椿姫ちゃんよぉ、良い人ってのは、俺みたいな人のことを言うんだぜぇ」

椿姫「そう、かなぁ……。 ちゃんと、生徒会の集まりにも出てるし、遅くまで残って仕事してくれてるけど」

ハル「なにが変態なんですかねぇ? 美少女ゲーたくさん持ってる、とかだったら自分全然余裕の範疇ですけど?」

栄一「なんかさー、ねちっこいっつーの? てめぇで勝手に女の子に惚れておいて、フラれてもずっと女の子に付きまとうっつー噂だぜ?」

ハル「あぁ、分かります分かります。 自分も、浅井さんには十年くらいずっと粘着してましたから」

栄一「なんか、スゲー強引らしいぜ。 てめぇしか見えてねぇっつーの? 被害にあった女の子から聞いたんだけどさ、なぜか言えとか探られてて、電話とか毎日くるって」

ハル「それは、それは……」

椿姫「お家がとってもお金持ちらしいね、銀行屋さん、だっけ?」

栄一「まったく、この学園は京介を筆頭にボンボンばっかりだからなぁ」

ハル「浅井さんは、ボンボンでは……」

栄一「……悪ぃな、京介の名前出して。 で、面会は行くのか?」

ハル「まだ、考え中です。 ……それより、やる事があるので」

椿姫「なに? やっぱりなにかあったの?」

ハル「……一先ず、塞ぎ込んでいるよりはマシな状況だとだけ言っておく」

栄一「……どゆこと?」

ハル「勇者が生きるために必要な悪役が、挑戦状を叩きつけてきたんですよ」

栄一「……一先ず、藤島はスルーってことだな?」

ハル「はい」

 

・・・・・・。

 

・・・。

 


"行方不明のユキ"

 

・・・。

 

雨が降っている……。


(……"魔王"は死んだ。 なのに再び、私の元に手紙が届いた。 『かわいいぼうやおいでよおもしろいあそびをしよう』……。 誰だ? そしてなにが目的なんだ?)


・・・。


水羽「はぁ……、ハル……待ってっ!」

ハル「……どうした、水羽! 走ってきて、傘も差さずに……」

水羽「…はぁ、はぁ、ほんと……嫌な雨ね」

ハル「……なにかあった?」

水羽「……実は、姉さんが警察署から帰ってきたの」

ハル「ユキが!? そっか……!」

水羽「姉さん、"魔王"について警察から色々聞かれたみたい。 ハルとも話したがってた」

ハル「私も会いたい! 相談したいこともあるし……今どこに?」

水羽「……それが、私にも分からなくて」

ハル「分からない?」

水羽「電話が一本掛かってきただけなの。 ……姉さん、なにか急いでるみたいだった。 まるで、誰かに追われているような感じで……」

ハル「……っ、ユキが追われる理由が分からないけど」

水羽「昔のことでちょっと面倒な事になりそう、って言ってた」

ハル「昔……、というと?("魔王"と会っていた頃のことだろうな……) 他に、なにか言ってた?」

水羽「ううん、特には……。 しばらく会えないだろうけど元気でね、って」

ハル「わかった。 もし私に連絡があったら水羽にも伝えるから」

水羽「ぁ、ありがとうっ。 私、姉さんがいないと何も手につかなくて……」

ハル「……私もそうだったよ。 浅井さんがいなくなってから、何も出来なかったんだけど」
水羽「なにかあったの?」

ハル「まぁね……」

水羽「やっぱりね。 浅井くんから手紙でもきた?」

ハル「いいや」

水羽「あれ?」

ハル「どうしてそう思ったんだ?」

水羽「だって……。 ううん、なんだろう上手く言えないけど、どこか浮いたような、恋人でもできたような顔をしているから」

ハル「……まさか」

水羽「ごめん、変なこと言って。 ……じゃあね、姉さんを見つけたら教えて」


・・・。


ハル「……っ。 はぁ……、恋人なんかじゃない。 でも、私に必要なのは……」


『お前もそうだ、宇佐美ハル。 やっと私に巡り会えたな。 お前はただの死に損ない……。 お前に必要なのは愛でも友情でもなく、敵であり悪であり、そう仮託できる……想いだ』


ハル「……私は弱いんだ。 誰かを憎んでいないと駄目だなんて……」


・・・・・・。

 

・・・。

 


"ハル対K PART1"


・・・。


ハル「……はぁ。 家に帰って来たはいいけれど、今日は何事も無かったな。 京介くんのいない部屋。 またひとりぼっちか……」


――ッッ


ハル「――っ!? ぅうっ……ぐっ……!! ……なんなんだ。 どうしてこんなに体調がおかしいんだ……? はぁ……はぁ……、"魔王"を語る敵は、一体いつ仕掛けてくるんだ……? ……は、早く、早く来いっ! ……この不安と淋しさを紛らわせてくれるなら……っ!! なんだって相手をしてやるのにっ!」


・・・。


(――この足跡……。 雨で濡れて出来た靴の足跡……。 足跡の形から考えて、私の部屋に用があったのは間違いない。 ……サイズから考えて、男性の……)


ハル「――っ!? 郵便受けに、封筒っ! ……っ……!? きょ、京介くんからの手紙だっ! ……そんな、嬉しい!! ……ぁ、そっか……。 つまり、足跡は配達の人の……。 ……いや、待て。 おかしい……」


・・・。

 


「……はは、気付いたか。 まぁ、気付くわな。 そう……、よーしよしそうだ。 いいぞ宇佐美ハル。 手紙の文字がおかしいよな? 被疑者にワープロを貸す留置所なんて聞いたことがない。 普通に考えれば分かることだが、人間は恋をすると猿になる。 浅井京介のことで頭が茹で上がってるかと思ったが……。 まだまだ冷静じゃないか。 ……さてさて、お次はあの手紙の中に隠された、とある電話番号だ。 おれの飛ばし携帯の番号なんだが……。 ふふっ、カップラーメンが出来上がるまでに鳴ればいいなぁ……」


すぐさま男の携帯電話が鳴る。


「――っ!? おいおい、まだお湯も沸かしてないんだが……」


男は携帯電話に出る。


「……さすが"魔王"に遊んでもらっただけあるな」

ハル『……お前だな?』

「そう。 手紙を出したのは俺さ。 なかなか早いじゃないか。 晩飯を食う時間も無かった」

ハル『なるほど。 ……ということは、お前は私を監視しているんだな? それも、私のアパートからそう遠くない場所で』

「ははっ、お見事お見事。 ……そうだよなぁ。 宇佐美がその手紙のパズルを解くのが早いか遅いかなんて、それこそ双眼鏡で監視でもしていなければ分からない」

ハル『……それに、雨で出来た足跡は時間が経てばすぐに滲んで消えてしまう。 足跡がハッキリと残っていた以上、お前が私のアパートを去ってから、そう時間は経っていないはず』

「近くにホテルがあるだろう?」

ハル『……っ! あのホテルの部屋のどこかから、私を見下ろしているのか?』

「……それにしても、あの手紙のパズルは簡単過ぎたかなぁ? よくヒントに気付いたな」

ハル『……浅井さんは……。 京介くんは、助けてなんて言わない! 絶対に!!』

「ほぉ~、なるほど。 そういう男だったか。 じゃあ後は簡単か。 要所に『け』と『て』を足して、浮かび上がった単語を英語に直すだけだからな」

ハル『そしてそれを携帯電話のプッシュボタンを見ながら対応する数字に変換する』

「よしよし、とりあえず算数は得意みたいだな」

ハル『……お前は……何者だ』

「俺か? 俺は……"魔王"さ」

ハル『"魔王"は死んだ』

「じゃあ、"大魔王"でもいいかな?」

ハル『ふざけるな!』

「ははっ」

ハル『なにがおかしい!』

「いやいや……、電話越しにも伝わってくるな」

ハル『……伝わってくる?』

「憎しみだ」

ハル『……っ!』

「宇佐美は"魔王"を殺したいと思っていた。 しかし、実際に拳銃の引き金を引いたのは浅井京介だという」

ハル『……っ、随分私のことを調べ上げているようだな』

「いやぁ、腑に落ちなくてなぁ……。 "魔王"を殺したのが本当に浅井京介なのか。 京介が殺したとして、その動機がヤクザの仇討ちなんてチンケなものなのか……」

ハル『それがどうした! お前となんの関係がある?』

「ただの興味さ。 好奇心は旺盛なほうでね」

ハル『……お前は、"魔王"の関係者だな?』

「否定はしない。 あいつは良い友達だった」

ハル『私を付け狙うのは……復讐か?』

「お前を殺すかどうかはまだ決めかねている。 ……だが、こっちにも事情があってねぇ。 お前の友達は狙っているかもな」

ハル『友達……!? まさか!!』

「せいぜい頑張って俺を追ってこい。 警察を使っても構わんぞ。 もっとも俺の見立てでは、宇佐美は何やら警察に隠し事をしているようだがな」

ハル『ま、待てっ!』

「あぁ、そうだ。 俺の事は"K"と呼んでくれればいい」

ハル『けー……?』

K「アルファベットで"K"だ。 夏目漱石の心に感銘を受けていてな。 つくづく恋愛は罪悪だと思っている」

ハル『……っ!!』

K「じゃあな、また面白い遊びをしよう」

 

Kは通話を切る。


・・・。

 

K「宇佐美ハル、か……。 それなりに楽しめそうだな。 で、浅井京介についても調べてみるか」

 

・・・・・・。

 


・・・。

 

 

"憎しみは消えず"


・・・。


ハル「……K……っ!! こんな、手紙っ!!」


ハルはKからの手紙を破り捨てる。


ハル「……はぁ……はぁ、許せない……! ……よりによって、京介くんを語るなんて……!」


ピンポーン


ハル「――! 誰だ、こんな時間に……。 ……どなたですか?」

「宇佐美さぁん、僕だよ、開けて?」

ハル「……ぁあ、えと……? その声は、たしか……」

藤島「藤島だよぉ……。 どうして今日の放課後来てくれなかったのぉ?」

ハル「……あぁ。 自分、行くとはひと言も……」

藤島「とにかく開けてよぉ! 寒いんだからっ」

ハル「いえいえ、すみませんが……。 どういったご用件スか?」

藤島「……そんなもの決まってるだろう? 浅井京介が捕まって、君はひとりぼっちで淋しがってるはずなんだ。 ……だから僕が慰めてあげる」

ハル「……す、すいません。 どこからツッコんでいいのか分からないんですが……」

藤島「宇佐美さんのことは、ずっと気になってたんだっ。 ……でも浅井と仲が良いみたいだから声をかけるのはためらってたのぉ……。 だってあいつ、怖いじゃない!? ヤクザの息子でしょっ!? 僕のパパも、逆らえないみたいだしっ!」

ハル「ちょっと、ちょっと!!」

藤島「だいじょーぶ! 僕、お金ならたぁくさん持ってるからぁ……! 一先ず、将来について話し合おうじゃない――」


――ッッ


藤島「ぐはぁっ!?」

ハル「ど、どうしました!?」

「やれやれ……」

ハル「……えっ!?」

「ダメじゃない、ハル。 言葉の通じない相手には、暴力あるのみよ」

ハル「――ユキッ!」


・・・。


ユキ「ハーイ、元気してた?」

ハル「……っ! あぁ、やっぱりユキだ! よ、良かった!」

ユキ「ちょ、ちょっとちょっと! いきなり抱き付いて来ないでよ」

ハル「……心配してたんだよ。 私だけじゃない、水羽も心配してた!」

ユキ「……そうね。 ちょっと、事情があってね。 中で話せる?」

ハル「……うん、入って」


藤島「……で、デブじゃ、ないよぉ……」


ハル「……ぁ、この人どうしよう。 のびてるみたいだけど……」

ユキ「……ほっといても平気だとは思うけど、しょうがないから人通りの多いところまで運んであげましょう」

ハル「……なんなんだろね、この人……」

 

・・・・・・。

 

・・・。

 

 

"親友"


・・・。

 

ガチャン


ユキ「…………。 み、見渡す限りの、ペンギン……。 ハルの部屋は、相変わらず気持ち悪いわねぇ」

ハル「これでも数は減らしたほうなんだぞ。 何匹かは浅井さん家に移住してるんだ」

ユキ「……そっか。 あなた達、ちょっと前まで同棲してたのよね」

ハル「それで、ユキ……。 厄介なことに巻き込まれてるみたいだけど……」
 
ユキ「……水羽から聞いたのね。 そう、ちょっと困ってるのよ」

ハル「……昔のことで?」

ユキ「お察しの通り。 "魔王"と仲良くしてた時のツケを払うことになりそうなのよ」

ハル「……もしかして、"K"か?」

ユキ「……どうしてその男の名を?」

ハル「実はつい昨日、挑戦状めいたモノが届いたんだ。 今日も色々あって、その男と電話でやり取りしてたんだけど……。 会話の中で、お前の友達を狙っているって、"K"が言ってたから……」

ユキ「ハルの友達と言えば、私しかいないからねぇ……」

ハル「……本当なの?」

ユキ「一昨日のことだけど……。 私の携帯に"K"から電話があったの。 『お前の命を狙っている』、ってね」

ハル「どうしてユキが狙われるんだ!?」

ユキ「……"K"は元々、"魔王"に手を貸して武器の密輸出を手伝っていた男なの」

ハル「……一体、何者なんだ?」

ユキ「いわゆる、"殺し屋"……。 らしいわ」

ハル「殺し屋って……! そんなの、本当にいるの?」

ユキ「"魔王"から話だけ聞いたことあるの。 "K"は、警視庁の公安部に在籍していた人間で、刺激を求めて"魔王"に協力しているって。 ……確かに"魔王"の犯罪行為は、警察関係者の手引き無しには難しいことばかりだったわ」

ハル「……"魔王"は、そんな話までユキにしてたんだね……」

ユキ「ふっ……。 妙に期待されてたみたいね」

ハル「ユキが狙われるのは……、ユキは"K"の秘密を知る人間だからかな……?」

ユキ「かもしれないわね……。 父親に話したら、義理の妹を殺してやると脅してきたわ」

ハル「そう、か……。 だから、水羽とは会ってないんだな」

ユキ「えぇ……。 妙なことには巻き込みたくないし……。 あぁ、状況が落ち着いたら、顔くらい見せようとは思っているけれど」

ハル「でも、ちょっとおかしくはないかな。 本当にユキの命を狙っているのなら、わざわざユキに電話で予告してくるかな?」

ユキ「……確かにねぇ。 黙って殺しに来れば良いのよね。 ……ただ、"K"は最後にこう言ったの。 『宇佐美ハルと協力して、俺を楽しませてみろ』、って」

ハル「……不敵な男だな。 まるで"魔王"みたいだ」

ユキ「そうね……。 警察の介入を阻止しようとする所なんかも」

ハル「お義父さんを頼る気はないんだね?」

ユキ「えぇ……。 今のところはね。 義父さんも、先のテロ事件での責任を取らされて、今大変な状況なの。 ……これ以上迷惑はかけたくないわ」

ハル「……どうしても?」

ユキ「ふふ、心配してくれてありがとう。 でも……自分の火種は、自分で消さなきゃ」

ハル「……分かった。 2人でなんとかしよう」

ユキ「ありがとう……。 心強いわ。 なんというか、私は貴女を裏切ったのに」

ハル「いいんだよ。 私も"魔王"のことを黙ってたし。 何より……ユキの生い立ちの辛さを理解してあげれなかったんだし……」

ユキ「……これからはなんでも話すわ。 だからハルも……。 ふふっ、何やら悩みがあるようね」

ハル「……流石、ユキだね。 分かる?」

ユキ「私じゃなくても分かるわよ。 京介くんのことで、地獄のような毎日を送ってるって、顔に書いてある」

ハル「……それで、相談なんだけど」

ユキ「えぇ、朝までじっくり聞くわ。 京介くんには借りがあるしね」

 

・・・・・・。


・・・。

 

 

"浅井京介という男"


・・・。

 

京介「だから、何度同じ話をさせるんですか?」

刑事「宇佐美ハルは、お前のことを信じているようだったぞ」

京介「……しつこいな。 馬鹿な女が騙された、それだけの話じゃないですか」

刑事「……だろうな。 お前の"魔王"に対する殺意は固まっていた。 同棲していた女を利用しようとしていた話も分かった……」

京介「じゃあもう、いいですかね。 ……正直、あんた方の相手は疲れましたよ……」

刑事「では最後に聞くが……」

京介「はいはい、なんですかね?」

刑事「お前は、岩井裕也(いわい ゆうや)という男に手紙を出したな?」

京介「それが?」

刑事「宇佐美ハルの面倒を見てくれ、と。 そういう内容だったな」

京介「……っ……検閲ってのは怖いモンですね」

刑事「お前の行動は矛盾してないか? お前にとってあの少女はどうでもいい存在なんだろう?」

京介「ふっ……」

刑事「おい、どうした?」

京介「ふっ、ははははは……! ははははは」

刑事「……なにがおかしい?」

京介「はは、ははは……! はぁ、いえ。 刑事さんも随分なご年齢なのに、女というものが分かっていないな、と」

刑事「ぜひ教えて欲しいな」

京介「女の恨みってのは怖いものなんですよ。 特にあの宇佐美って女は、実に執念深くてね。 10年も前から、ずっと俺のことが好きだったらしいんですよ」

刑事「一途な女の子じゃないか……」

京介「……病気ですよ。 酔ってるんです、自分に。 そういう女に恨まれたら、マズいと思いませんか?」

刑事「つまりお前は、宇佐美ハルの愛が憎しみに変わるのを怖れていると?」

京介「……怖いですね。 後先考えずに、刃物でも持ち出してきそうで」

刑事「だから彼女を慮るような手紙を出した、と」

京介「ふっ、ははははは……! それぐらい察してもらいたいもんだね」

刑事「……分かった。 お前は彼女を愛していないんだな?」

京介「えぇ」

刑事「ちゃんと私の目を見て言え! ……お前は、宇佐美ハルを愛していない! そうだな?」

京介「……俺は、あの女を利用していました。 ……それだけです」

刑事「……良かろう」


・・・。


京介「………っ、……ぐ……うぅ、す、すまない……、ハル……。 すまん……傍に居てやれなくて……! 辛い思いをさせて……っ……どうか……、どうか……元気で」

 

・・・・・・。

 

・・・。

 

ハル「……という訳なんだけど、どう思う?」

ユキ「難しいわねぇ」

ハル「……っ……やっぱり、私ひどいよね」

ユキ「自分を追い込まないで」

ハル「でも……。 私が悪いんだから、私のせいで京介くんが引き金を引いて……! それで!」

ユキ「だからと言って、あなたまで警察の厄介になったら彼の想いを無にしてしまうわ」

ハル「……っ、分かってるよ……。 だからこそ、どうしたら良いのか分からなくて……」

ユキ「・・・辛いわね。 かわいそうに・・・」

ハル「ごめんね・・・。 こんなこと、ユキにしか相談できなくて・・・」

ユキ「あなただけじゃなくて、京介くんも辛いでしょうね・・・。 とても厳しい道を選んだのだから」

ハル「そんな京介くんの優しさや強さが、私にとっては痛くて・・・。 申し訳なくて・・・」

ユキ「でも・・・。 京介くんは、あなたを選んだのよ?」

ハル「え・・・?」

ユキ「私・・・思うのだけれどね」

ハル「・・・うん」

ユキ「これは、"魔王"が残した最後の罠でしょう? ハルと京介くんの将来を破滅させるのが、"魔王"の目的じゃない? ・・・負けていいの?」

ハル「・・・っ・・・!」

ユキ「京介くんは、堂々と正面から立ち向かってるじゃない」

ハル「そ・・・そうだね・・・」

ユキ「だから・・・あなたも頑張らなきゃ。 ね?」

ハル「・・・うん。 そっか、そうかも知れない・・・。 "魔王"に負ける訳にはいかないもんね」

ユキ「・・・まぁ、そうね・・・」

ハル「母さんを殺して・・・。 私からバイオリンを奪った"魔王"になんか・・・。 負けてたまるか・・・」

ユキ「・・・っ」

ハル「ありがとうユキ、目が覚めてきたよ。 "魔王"は私から、京介くんすら奪おうとしてるんだね。 許せる訳が無いよ」

ユキ「・・・ちょっと、ハル?」

ハル「私・・・、絶対に負けない。 この戦いに勝って、また京介くんとやり直すんだ!」

ユキ「ハル・・・。 あなた、ひょっとして・・・まだ囚われているの?」

ハル「・・・囚われている?」

ユキ「自分の手で"魔王"を殺せなかったことに・・・」

ユキ「え・・・、いや・・・。 それは・・・」

ユキ「憎しみが心から消えないのね・・・」

ハル「・・・っ・・・! 分からない・・・」

ユキ「・・・そう」

ハル「・・・! どうしたの? 急に立ち上がって・・・」

ユキ「・・・ううん。 長期戦になりそうだな、って思ったのよ」


・・・・・・。

 

・・・。

 


"Kは嗤う"


・・・。

 

K「さてさて・・・。 問題は警察が動くかどうか、だな。 ・・・時田ユキはあの時田彰浩の義理の娘だ。 普通に殺したらしばらく日本には戻って来れんな。 ・・・やはり、事故に見せかけるか、それとも遺体が発見されないような手を使うか――」


Kの携帯電話が鳴る。


K「――ぉっとと・・・。 誰からだ?」 


『やあ、斉藤くんか』


K「これは時田警視。 ご無沙汰しております」

時田『今は一つ上がって、"警視正"だよ。 もっとも、クビになりそうだがね』

K「例のテロ事件でのご活躍は公安でも話題に上っていますよ」

時田『嘘をつきたまえ。 君はもう公安の人間ではないんだろう?』

K「・・・ははっ。 規定により、真実は申し上げられませんね」

時田「そうか・・・っ、いやぁ、いきなり電話してすまなかったね」

K「いえいえ・・・どうなさいました?」

時田「浅井権三を覚えているか?」

K「もちろん。 あの方には、刑事時代にいろんな意味でお世話になりましたから。 ・・・亡くなられて非常に残念に思っていました」

時田「葬式に出向こうと思って、君を誘ったんだ」

K「・・・しかし、ヤクザの葬式に我々が出向いて良いんですかね?」

時田「・・・構わんだろう。 あくまで、個人を偲ぶものとして、参列すればいい」

K「・・・積もる話もありますしね」

時田「日時と場所は、後でFAXで送るよ」

K「お誘いありがとうございます。 それにしても懐かしいですね」

時田「うーん・・・5年ぶりかなぁ。 僕は公安に行く前の君しか知らないが、達者でやっているかい?」

K「元気にやっていますよ。 時田さんはどうです? 娘さんお元気ですか?」

時田「・・・つい先日まで、取り調べを受けていてねぇ。 まさか娘が例の"魔王"の信奉者だとは・・・。 驚かされたよ」

K「大変でしょうねぇ・・・。 あなたの娘さんなら、口も達者なことでしょう」

時田「手が掛かるよ。 今日も、出掛けると言ったっきり帰って来てない。 まぁユキのことだから、もう2度と同じ過ちは犯さないと信じているがね」

K「・・・なるほど。 仲良くやっておいでのようで何よりです」

時田「あぁ・・・また非行に走るようなら、公安に捜索願いを出すから、その時はよろしく頼むよ」

K「・・・ふっ、ははは。 了解しました! では、失礼します」

時田「あぁ。 会う日を、楽しみにしてるよ」


携帯電話を切る。


K「・・・んー。 一先ず時田ユキは父親を巻き込まないようにはしてるようだな。 ・・・となるとターゲットは宇佐美ハルと時田ユキの二人だけか。 敵がただの女子学園生じゃ、ちょっとツマんないな。 いくら金を積まれている仕事とはいえ、いくらかつて"魔王"を出し抜いた女とはいえ・・・。 もう少し面白みが欲しいなぁ」


時田よりFAXが送られてくる。


K「・・・浅井権三の葬儀・・・。 そういえば、奴には世話になったな。 はは・・・。 いろんな意味でな。 そうだな。 怪物の葬儀に、俺なりの花を供えてやろうか。 ・・・いや、こりゃあ俄然面白くなってきたぞ」


Kは携帯電話をかける。


K「・・・あぁ、もしもし? 俺だ、"K"だ。 黒猫の"K"さ。 昔、黒猫を5匹飼っていてな。 つくづく猫は気高い生き物だと思ってる・・・」


・・・・・・。

 

・・・。

 

 

"やめて!!!"


・・・。


ユキ「ハル? もう寝た?」

ハル「・・・ううん、眠れなくて」

ユキ「どこか具合でも悪いの?」

ハル「・・・ちょっとね、最近微熱が続くんだ。 でも、普段は平気だから」

ユキ「・・・そう」

ハル「・・・っ、だいじょ・・・ぅっ――」


――ッッ


ユキ「っ!? ちょ、ちょっとハル!?」


嘔吐するハル。


ハル「・・・ぅ、えぅっ! ・・・うぅっ!」

ユキ「・・・ハル・・・。 あなた――!」

ハル「・・・っ! な、なに・・・? ――っ!」

ユキ「・・・あなた、もしかして・・・」

ハル「ま、まさか・・・! やめてよ、そんな筈ないよ・・・」

ユキ「ハル、落ち着いて聞いてっ」

ハル「違うっ、そんな馬鹿な・・・! ぁ、ある筈が・・・、違うんだよユキ!」

ユキ「・・・病院に行きましょう、ハル」

ハル「・・・なんで? やめて・・・。 京介くんが嫌がる・・・。 私も、怖い・・・」

ユキ「道理で不安定だと思ったわ。 ハルらしくないって、ちょっと疑問に思ってたの」

ハル「だから違うんだって!」

ユキ「・・・ハル、あなた」

ハル「やめて! やめてったら!!」

ユキ「妊娠、してるんじゃない?」

ハル「やめて!!!」

 

・・・。

 

―償いの章― 第一巻 end