ゲームを読む。

-ノベルゲーム・タイピング-

大逆転裁判 ─成歩堂龍ノ介の冒險─【4】

このブログはゲームのテキストを文字起こし・画像を投稿していますので、ネタバレを多く含みます。

読んで面白いと思ったら購入し、ぜひご自身でプレイしてください。

ご意見・ご要望がありましたら
─メール─ zippydle.scarlet@gmail.com
または
Twitter─ @Zippydle_s
まで連絡下さい。

 

●公式サイト●

www.ace-attorney.com

 

 

--------------------

 

 



第2話

友とまだらの紐の冒險

 

狭い部屋の、片隅……深い闇の中で、

ホームズをわたしは待っていた。

やがて……通気口から、シュウシュウと
低くうなるような音が聞こえてきた。

その瞬間。突然ホームズが飛び出して、
闇の一点を、ステッキで鋭く打ちすえた。



「見たか、ワトソン!」


ホームズの張りつめた声が空気を震わす。

 



私が、洋燈(ランプ)の遮光板を上げると、
部屋の情景が、ぼんやり浮かび上がった。

ホームズは、部屋の隅を睨みつけて、
私に向かってつぶやくように言った。

「……被害者が、死の間際に言い残した“まだらの紐”という、謎の言葉。その恐ろしい“正体”こそが……こいつだったのだよ、ワトソン!」

 



そこには、巨大な毒蛇が牙をむき、
威嚇するようにとぐろを巻いていた。

……それは、世にも恐ろしい、
“まだらの紐”だった……

 

……。

 



1月9日 午前6時37分
蒸気船アラクレイ号・船上

 



それでは、謎解きを始めるとしようか。

 



この、奇怪なる殺人事件……
この《真相》をね。

 



犯行時、トビラは内側から
カンヌキがかかっていた。

 





犯行の際、この現場は
完全な密着状態だったワケだ。

 







被害者は、死の間際に
メッセージを残したようだ。

 



ここに落ちている洋墨(インク)を
使って書いたと考えられる。

 





露西亜(ロシア)語……



どうやら、被害者は露西亜人ということか。

 



文字に、マッタク乱れは感じられない。
被害者は、そうとう意志が強かったのだろう……



見たことのない、ミョーな文字だな。



筆跡は、このメッセージとは
アキラカに違う。

 



いや。これはむしろ、人種が違うと
断言してもいいかもしれない。

 











札を貼ったのは、犯行時間の直前。
被害者自身だったようだな……

 

これは、これは……

 



……いったい。キサマは、なんなんだ!
好き勝手しやがって。

 

そうです! 海洋警察が到着するまで
現場に手を触れず、待つべきだ!

 

しッ! その必要はない。
どうやら……今から、5秒以内に
諸君をハンニンに紹介できそうだ。

 



バカを言うな!
殺人現場だぞ。
しかも……奇怪な密室殺人だ!

 



それでは。密室の謎……
その封印を解くとしましょうか。



ま。まさか……
その中に……ハンニンが……

 

いったい……キミは……何者なのだ!

 

ぼくは、大英帝国が誇る
世界の名探偵なのです。

シャーロック・ホームズ
もしかして……知らないとか?

 




…………。

 

……。

 

 

 

 

(うううん……アタマが、ズキズキする。……なんだろう…………部屋の中が、妙に騒がしいな……)



(なんだ……? 身体が……“動かない”)

 



ナルホド「……わッ! な。なんだ。これは!」


(これは……《手錠》じゃないか!)


──「……フン。やっと、目が覚めたか!」

 



センイン「クローゼットから、かなり手荒に引きずりだしてやったのに。まるで目が覚めないとは。……いい度胸だな」
ナルホド「あ……見つかってしまったんですか。ぼく……」
センイン「そういうコトだ。観念することだ……この、犯罪者め! まさか、あんな小さなクローゼットに隠れていやがったとは」
ナルホド「ううううう……す。スミマセン……」
センイン「かくなる上は。スナオに《罪》を認めたほうがいい。……そこの船窓から、海に放りこまれたくなかったらな!」
ナルホド「わ……わかりました! ……すべて、お話します」


──「それでは……ヒトツだけ、お答えください」


ナルホド「……! (この声は……)」

 



スサト「いったい……なぜ。あの方の“イノチ”を奪ったのですか」

ナルホド「あ。す……寿沙都……さん……! ………………ちょっと、待ってください。イノチを……“奪った”……?」

スサト「………………」
ナルホド「……あの……アイツは……どこですか? ……亜双義は……」

スサト「………………」

センイン「はッ! シラジラしいにもほどがあるな! キサマの手で“死なせて”おいて。その言いグサはないだろう!」

ナルホド「え…………」

スサト「一真さまは……先ほど。“遺体”で発見されました。内側からカンヌキのかかった……この、船室の中で」

ナルホド「い。……“遺体”……」

センイン「……まさか。『寝ボケて忘れた』なんて言い出すつもりじゃないだろうな」

ナルホド「……亜双義が………し。“死んだ”……? ……ウソ……だ……」


…………………

ナルホド「……まさか……この“手錠”は……」

スサト「……もう一度、うかがいます。なぜ……一真さまのおイノチを奪ったのか。……いざ、尋常にお答えくださいませッ!」


う………………


うわあああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああッ!


……亜双義……


……今から、半月前……

 



ナルホド「……ホントに、よかったのか? こんなコトをして……」
アソウギ「あっはっはっはっは! 国際留学生の船室に“密航”だ。なかなか、スリルがあるだろう」
ナルホド「さっき。“手荷物”として、ここに運びこまれたとき、死ぬかと思ったよ。あの露西亜人の船員、思いっきり床に投げ捨てやがったからな。……ぼくが詰まった“旅行鞄(トランク)”を」
アソウギ「それにしても……まさか」

 



アソウギ「本当に、あの旅行鞄の中にカッチリ、おさまってしまうとは。キサマ。見かけ以上に“小ぢんまり”しているな」
ナルホド「……うるさいな。背骨が折れるかと思ったぞ」
アソウギ「大英帝国に到着するまで……約50日だ。この船室に閉じこもっていれば、見つかることはないだろうさ」
ナルホド「うううう……船員に見つかったらクビをひっこ抜かれそうだよ」
アソウギ「たしかに。露西亜人の船員ときたらどいつもこいつも“屈強”だからな」
ナルホド「それに……どうして、あの法務助士さんにも秘密なんだ」
アソウギ「御琴羽法務助士、か?」
ナルホド「彼女、おまえの“ミカタ”だろ? 紹介してくれてもいいじゃないか。まさか……ぼくのクビをひっこ抜くとも思えないし」
アソウギ「……知ってしまえば、彼女も“共犯者”になってしまう。オレと、キサマだけの秘密にしておいたほうがいいのだ」
ナルホド「そうなのかなあ……」
アソウギ「さて……そろそろ、掃除当番の船員がまわってくる時間だな」

 

アソウギ「すこしばかり、セマいが……あの中に入っていてくれ。旅行鞄の中におさまるのだから、あれぐらい“楽勝”だろう」
ナルホド「やれやれ……気まぐれに船員が開けたら、オシマイだぞ」
アソウギ「なあに、大丈夫だ。それなら……そこの紙に『アケルナ』とでも書いておけ」
ナルホド「え……」
アソウギ「オレが、あの《洋箪笥(クローゼット)》のトビラに、そいつをペタと貼っておいてやる」
ナルホド「ううううう……」

 

……あれから、半月……

……まさか……

……大英帝国へ向かう海の上で
こんなコトになるなんて……!


センイン「とにかく。次の港でオマエを降ろす。それまで、おとなしくしていろ。……この、殺人者め!」

ナルホド「さ。“さつじん”……ちょっと、待ってください!」

センイン「言っただろう? さっき。《罪》を認める、ってな」

ナルホド「そ……そういうことじゃない! たしかに……ぼくは、この船に“密航”しましたけど……。殺人なんて……!」

センイン「ハンニンは、オマエ以外にない。……カクゴしておけ」

ナルホド「あの……寿沙都さん!」

スサト「……………」

ナルホド「話を……聞かせてください! なにがあったのか……」

スサト「……………よろしいでしょう。わたしの方も、あなたさまに聞きたいことがございます」


(寿沙都さんが……燃えるような目でぼくをニラんでいる……。……どうやら。この“悪夢”は、さめるコトはないみたいだ……。とにかく。話を聞いてみるんだ……!)


─亜双義の死─

ナルホド「……本当に、あいつは、命を奪われたのですね」
スサト「……………」
ナルホド「そして……この、手錠。ぼくが、疑われているのですね。亜双義を殺害した“犯人”として」
スサト「……一真さまが発見されたとき。ここは“密室”状態だったのです」
ナルホド「みっしつ……」
スサト「船室の窓からの出入りは、不可能。扉は、内側からカンヌキがかかっていた。つまり。犯人は、部屋に侵入することも、犯行後、逃走することもできなかった」
ナルホド「な。なんですって……」
スサト「つまり。犯人は、“この船室の中”にいた者……ということになります。……なにか、反論はございますか?」


(なんてコトだ……)


ナルホド「それで……いったい。アイツは、どうして死んだのですか?」
スサト「……この期におよんで。まだ、シラを切るおつもりですか」
ナルホド「おねがいです! 聞かせてください!」
スサト「………………死因は……今のところ、特定されておりません」


(死因が、わかっていない……)


スサト「今、船医が遺体の検分をしておりますが、専門の知識があるわけではありません。詳しい所見は、次の港に着いてから……ということになるでしょう」
ナルホド「つまり。……遺体には、目立った外傷はない、ということですか」
スサト「……そのとおりでございます」


─事件について─

ナルホド「いったい……この船室で、なにがあったのですか! 亜双義は……いったい、なぜ! 命を奪われたんだ……」
スサト「……それは、あなたさまのほうがよく、ご存じなのではありませんか」
ナルホド「え……」
スサト「……なにしろ。あなたさまはここに、いらっしゃったのですから」
ナルホド「そ。それは、そうなのですが……」
スサト「……………あの方は、毎日。日の出の前に起床、修練とともに朝を迎えるのです」

 



スサト「わたしは、いつもどおり、お部屋の前でお待ちしておりました。ですが……今朝は、いっこうにおいでになる気配がございません」


(……つまり。そのとき亜双義は、すでに……)


スサト「……扉を叩いてみましたが、返事はございません。心配になって、船員さまを呼びに行ったのでございます。扉のカンヌキをコワしていただいて、この船室に入ってみると……」

 



スサト「そこの床の上に、一真さまが……お倒れになっていて……」

 



スサト「……………」


(……あそこに見えるテープで囲まれたトコロ、だな……)


ナルホド「ぼくは……この船室で、そんな事件が起こったことも知らずに……《洋箪笥》の中で寝ていた、というワケか……」
スサト「ハッキリ申し上げて……“信じがたい”と言わざるを得ません」


(ぼくだって……そんなの、信じたくないぞ……!)


スサト「……これで、わたしの知っていることは、お話しいたしました。今度は……あなたさまが、お話しくださる番でございます」
ナルホド「……ええ。わかりました」


(ううう……アタマの底がズキズキうずいてきたぞ……)


─“密航”─


スサト「そもそも……なぜ、あなたさまがこの船に乗っていたのでございますか? 先ほど……たしか“密航”とおっしゃっておりましたが」
ナルホド「え、ええ……じつは、そうなのです。日本を離れて、今日で半月。ずっと、この船室に隠れていました」
スサト「存じませんでした……。まさか、一真さまの目を盗んで、船室に忍びこんでいたとは……」
ナルホド「いやいや! さすがにそれはムリに決まってるじゃないですか」
スサト「………………そう、でございますよね」
ナルホド「……亜双義から頼まれたのです。一緒に、大英帝国に行ってくれ……と」
スサト「一真さまが……? いったい……なぜ、でございますか」
ナルホド「……それは……ぼくにも、よくわからないんです」
スサト「わからない……」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ナルホド「……なあ、亜双義。“理由”を聞かせてくれないか。どうして、こんなコトまでして、ぼくを大英帝国へ……?」

 



アソウギ「………………あの裁判が終わったときから……ずっと、考えていたのだ。あのときも、言っただろう。キサマは、弁護士になるべきだ……と」
ナルホド「まあ、言ってたけど……まさか、ホンキだったのか」
アソウギ「キサマには、才能がる。……それは、オレが保証する」
ナルホド「でも。今のところぼくは、弁護士になるつもりは……」
アソウギ「まあ……それはキサマ自身が決めればいい。倫敦(ロンドン)は、最先端の文化が集中する、世界の中心と言うべき《都》だ。その目で見ておいて損はあるまい」
ナルホド「それは……モチロン、そうだけど」
アソウギ「ただ……オレとしては。キサマが弁護士になって、いずれ………………」
ナルホド「“いずれ”……なんだよ」
アソウギ「……いや。なんでもない」
ナルホド「……?」


……。


~~~~~~~~~~~~~~~~~


スサト「………………一真さまは、常におっしゃっていました。『日本の司法を変えたい』……と。その、お仕事を……あなたさまと共に、なさりたかったのでしょうか」
ナルホド「……ええ。そうかもしれませんね」


(でも。じつは……ちょっと“気になっているコト”があるんだ。あのときの、アイツの“目”……。見たこともないような、暗い色をしていた……)


ナルホド「……あの。“密航”のこと……黙っていて申しわけありませんでした」
スサト「一真さまのことです。おそらく……。わたしに“密航”の《手助け》をさせまいとしたのでございましょう」
ナルホド「そ。そのとおりです。(さすが……だな)」


─ゆうべのこと─

スサト「あなたさまが、犯人ではないと言うのならば……お聞かせください。ゆうべ。この船室で、いったい……なにがあったのかを」
ナルホド「………………それが……その。よく、覚えていないんです」
スサト「…………………」
ナルホド「ゆうべ……いつもどおり、夕食が船室に運ばれてきて……。そのあと。ぼくは、いつもどおりあの《洋箪笥》に入ったのです。そして。そのまま……」
スサト「眠ってしまったのですか?」
ナルホド「……は。はい……」
スサト「一真さまが、お命を奪われた瞬間も目が覚めないほど、グッスリと?」
ナルホド「……は。はい……」
スサト「………………」
ナルホド「疑ってるのは、よくわかります。でも……ホントなんだ。目が覚めたら、もうこんなコトになっていて……。……なんだか。アタマもズキズキしているし……」
スサト「え…………」
ナルホド「あ……あの。どうかしましたか……?」
スサト「あ。い、いえ……なんでもございません」
ナルホド「信じてください! ぼくは……ハンニンじゃない!」
スサト「……わたしとて。疑いたくはございません。でも……他に、犯行が可能だった者は、いないのでございます」
ナルホド「ううううう……」


(……亜双義。いったい、どうして……。おまえは、殺されなければならなかったんだ……!)


ナルホド「……くッ! (こうしては、いられない!)」
スサト「……動きませぬように! あなたさまは、“犯人”でございます。この場を離れることは、許されません」
ナルホド「……そうはいかない。ここで、亜双義は殺された。ぼくは……なにもできなかった。それなのに……こうしてなにもせず、ジッとしているなんて。……そんなの、許せません!」
スサト「……それでは。どうなさるおつもりですか」
ナルホド「あいつの“死”を調べます。……テッテー的に! 誰が……なぜ、どうやって! あいつの命を奪ったのか……。だから……失礼します!」


とおおおおおおおおおおおおおおおッ!


───ッ!!

 



ナルホド「……。こ。これは……」
スサト「……“寿沙都投げ”……でございます」
ナルホド「……す。すさとなげ……(当然ながら、聞いたコトがない……)」
スサト「ならば……この寿沙都に証明してくださいませ」
ナルホド「しょ。“しょうめい”……?」
スサト「あなたさまが……『無実』である。その《証拠》でございます!」
ナルホド「で……でも。そんなの、どうすれば……」
スサト「……お忘れでございますか。あなたさまは……先日。ご自分を《弁護》なさったではありませんか!」
ナルホド「あ……! (……そうか……決定的な証拠を……《つきつける》……!)」
スサト「………………」


(……寿沙都さんに、わかってもらうんだ……。ぼくが《無実》であることを立証する証拠を……たたきつけろ!)

====================

 



ぼくがミゴトに書き上げた入魂のヒトコトだ。

書き上げた瞬間の、亜双義の

冷静なヒトコトが、忘れられない。

『キサマ。露西亜人の船員に読めると思っているのか』

しかし。きっと、気持ちは伝わる!

……そんな思いで貼ってもらった。

そして、実際。気味が悪いのか、

今のところ、開けられたことがない。

 



《洋箪笥》にお札を貼りつけた、ノリの跡だ。

といっても、船旅にノリなど持ってきていないので……

メシつぶをスリつぶして

ノリのかわりにしてみた。

密航者のぼくにとっては、メシつぶは

1つぶたりとも、ムダにはできない。

念入りにスリつぶして、芸術的な

薄さになるまで伸ばしてある。


====================



──はいッ!

 



ナルホド「……もしかして。さきほど、ぼくを“発見”したとき……。あそこの《洋箪笥》に、コイツが貼ってありませんでしたか?」
スサト「え、ええ……たしかに。見覚えがございます」
ナルホド「これ。ぼくが寝るとき、いつもアイツに貼ってもらっているんです。船員たちが、勝手に《洋箪笥》を開けないように。そして……もちろん。“ゆうべ”も、そうでした」
スサト「あ……! そういえば……さきほど。あなたさまを発見する“前”に、この“お札”を……はがしました!」
ナルホド「……もし。ぼくが“犯人”なら。犯行のために、《洋箪笥》から出たところで……コイツは、はがれてしまう」
スサト「たしかに……そのとおりでございます」
ナルホド「……つまり。ぼくには、亜双義を殺害することは“不可能”だったのです!」
スサト「…………………たとえ、さかさまにひっくり返っていようとも……。さすが……一真さまが見こんだだけのコトはございます」
ナルホド「……寿沙都さん……。よかったら。そろそろ起こしていただけませんか……?」


……。


スサト「……よろしいでしょう。この現場の“調査”は認めることにいたします」
ナルホド「あ……ありがとうございます! やっと、疑いが晴れましたか……」
スサト「……いいえ」
ナルホド「え」
スサト「……まだ。怪しげな“妖術”で、お札を貼った可能性は、消えておりませんから」


(……寿沙都さん。ぼくを何者だと思ってるんだろう)


スサト「まずは……この現場を、徹底的に《調べる》べきでございましょう。……わたしも、お供いたします」
ナルホド「……わかりました。やりましょう、寿沙都さん!」
スサト「……カン違いなさらないでください。決して。“疑い”を解いたワケではございません」
ナルホド「え」
スサト「現場を荒らさぬよう……成歩堂さまを見張っております。怪しげな“妖術”で、証拠を“インメツ”なさいませぬよう」
ナルホド「わ……わかりました」


(とにかく……まずは、この船室を《調べる》ところから始めよう。亜双義……きっと。おまえの“カタキ”は、ぼくがとってみせる……!)

 

─しらべる─

 



スサト「かなり大型の旅行鞄でございます」
ナルホド「なんというか……思い出の鞄ですね」
スサト「“おもいで”……でございますか」
ナルホド「じつは。出航の際、この中に入って船内に運びこまれたのです」
スサト「『天地無用』と書かれた札が貼ってありますね」
ナルホド「まあ。わかりきったことですケド、異国の船員に読めるワケもなく……。鞄ごと、ひっくり返してほうり投げられました」
スサト「“密航”というのも、ラクではございませんね」


(……“寿沙都投げ”よりマシだったような気もするケド)


スサト「……あ。そういえば……」
ナルホド「なんですか? 寿沙都さん」
スサト「わたし。ものごとを調べていると、つい。視野が狭くなってしまうのです」
ナルホド「ああ。それはいけませんね」
スサト「成歩堂さまは、そんなコトはないと思いますが……。現場は自由に《みまわす》ことができますので……スミズミまで、しっかり調べましょう!」
ナルホド「そ……そうですよね! モチロンですよね!」


(すこし、狭くなってたかな……“視野”)

 

……。


スサト「一真さま……ここで、書きものや読書をなさっていたのですね」

 



ナルホド「《倫敦旅日記(ロンドンたびにっき)》……」


(……到着する前に、未完になってしまったか……)


スサト「どうやら……最後の頁(ページ)は、“書きかけ”のようでございます」


(つまり。事件は、日記を書いている“最中”に、起こったのか……?)


ナルホド「……読んでみましょうか。“手がかり”になるかもしれない!」


とおおおおおおおおおおおおおッ!

 



スサト「それは……ダメでございます!」
ナルホド「え……」
スサト「故人のものとはいえ。勝手に読むなど……ユルされません!」
ナルホド「で、でも! なにか重要なコトが書かれているかも……」
スサト「……………」
ナルホド「わ。わかりました。やめておきます」
スサト「……一真さま……」


(……ぼくだって。そんなことはしたくない。でも……アイツのために、“手がかり”が必要なのも、確かなのだけど……)


スサト「…………」


……。


ナルホド「本が倒れていますね。……キレイに、ぜんぶ」
スサト「これは、海の守り神の像……でしょうか。倒れていますけど」
ナルホド「なんだか、なぎ払うように軒並み、倒れていますね」
スサト「もしかして……一真さまが、剣術の“おけいこ”でなぎ払った、とか……?」
ナルホド「いやいや。そんなコトはありませんでしたよ」
スサト「それでは……。成歩堂さまがカンシャクを起こしてなぎ払ったのでしょうか」
ナルホド「……わざわざそのためにあの《洋箪笥》から出てきませんよ」

(なぎ払うように倒れた、小物。事件に関係あるのかな……)

 



スサト「ともあれ。並べなおしておきます。こういうの、気になりますので」


……。

 



ナルホド「……この蒸気船、《アラクレイ号》の『乗船規則』が書かれている」
スサト「船長(キャプテン)さまから、乗客さまへの“お願い”のようなものでございますね」
ナルホド「『船室内に、武器などの“危険物”、“動物”の持ち込みを一切、禁ずる』」
スサト「……………」
ナルホド「……な。なんですか。ぼくのこと、じっと見つめて」
スサト「あ……いえ。なんでもございません。成歩堂さまは、はたして“危険物”なのか、“動物”なのか……。ほんのすこし、考えていただけでございます」


(……いずれにせよ“持ち込み禁止”の物件であるコトは間違いないようだ)


……。

 



ナルホド「これは……なんでしょう。硝子(ガラス)のカケラのようですね。(なにか小さいのが“まっぷたつ”に割れてしまったようだな……)」
スサト「とてもウツクシイ色の硝子でございますね。愛らしい“根付(ねつけ)”のようにも見受けられます」


(亜双義のヤツ……。そんな愛らしいものを隠し持っていたのか……?)


スサト「そして……そのそばに、なにやら煉瓦(レンガ)色の“跡”が残っております」
ナルホド「“煉瓦”……たしかに、そんな色ですけど……」


(……この部屋の中に“煉瓦”らしいものは、見当たらないな……)


……。


(……現場を調べている船員にハナシを聞いてみるべきか……)


ナルホド「……あの。ちょっと、いいですか」

 



センイン「なんだ」
ナルホド「ええと……どうですか? その。現場の調査のほうは」
センイン「……………日本人は、冗談を言わないと聞いていたが、そうでもないな」
ナルホド「え……」
センイン「犯人めが、『情報をくれ』とは……なかなか、笑える冗談だ」
ナルホド「ううう……冗談じゃないのに」

スサト「『犯人め』とキメつけてくるあたり、冗談ではない感じが伝わってまいります」


(セッカクだ。もうすこし、ハナシを聞いてみるか……)


ナルホド「あの。ゆうべ……なにか変わったことはありませんでしたか?」
センイン「………………あるワケがないだろうッ! 部屋のスミでジッとしてろッ! ……ハナシは終わりだ」


(なんだろう……。船員さん。ほんの一瞬、うろたえたように見えたけど……)


……。


スサト「これは……一真さまが、いつも身に帯びていた“太刀”でございます」
ナルホド「『太刀こそ、日本人のココロ』……亜双義のヤツ、よく言っていました」
スサト「大英帝国に太刀を持ちこむために、政府を説得なさったそうでございます」
ナルホド「……そこまでして、アイツはこれを近くに置きたかったのか……」


(アイツの、“精神”……ここで途絶えさせたくないな)


スサト「……………」


……。


ナルホド「こいつは、ゆうべの夕食ですね。鶏肉(チキン)の丸焼き……ウマかったです」
スサト「はい。タイヘンにおいしゅうございました。ちなみに……成歩堂さまはこの床で、お食事なさったのですか?」
ナルホド「……飼いイヌじゃありませんから。キチンと、食卓でいただきました」


(このホネ……いつのまに、床に落ちてしまったのだろう……)


スサト「たしか。一真さまは、トリが大のニガテ……でございました」
ナルホド「ええ。アイツ、全然手をつけようとしなくて。だから。ぼくがゼンブ、ペロリといただきました」
スサト「え……そ。それでは……最後の夜。一真さまは、おなかをすかせて亡くなられたのですね。……なんと、おいたわしい……」


(……急激に、キョーレツな罪悪感でおなかが痛くなってきた……)


……。


スサト「食卓の上……なにも、ございません。食器がみんな、床に落ちて大変なことになっております」
ナルホド「おかしいな……。ゆうべ、ぼくが寝たときは、食卓の上は、たしか……あれ?」
スサト「どうかしましたか?」
ナルホド「……なんだか、夕食の後のこと。よく覚えていないんです」
スサト「……………や。やはり……一真さまを、手にかけたのは……」
ナルホド「ちち。違います!」


……。


ナルホド「『正義』……亜双義らしい、まっすぐな文字だ」
スサト「……一真さまの、その文字。目をそらさず、まっすぐ見ることができますか?」
ナルホド「……ええ。もちろんです! だって……ぼくは《無実》なのですからね」
スサト「……………“密航”されてるのに?」
ナルホド「……………今、そこをつついてきますか」


……。


スサト「わたしどもが、ここへかけつけたとき……」

 



スサト「このカンヌキは、船室の内側からシッカリ、かけられていました」
ナルホド「ヨコに動かすだけの、小さくて軽いカンヌキだけど……。たしかに。船室に侵入することも脱出することも不可能……ですね」

(ぼくが疑われてしまうのもムリはない、ということか……)


スサト「……………」


(寿沙都さんの、コゲつくような視線をクビすじに感じる……)


ナルホド「そ。そういえば……以前、《探偵小説》で読んだのですが。こういうときは、ハリや糸を使って、部屋のソトからカンヌキをかけるとか!」

スサト「“とりっく”でございますね。わたしも《探偵小説》は、愛読しております。でも。このトビラも、そのまわりもすべて“鉄製”でございますから……。ここでは、ハリも糸も使えないと存じます。……………」


(寿沙都さんの、ハリのような視線をクビすじに感じる……)


……。


ナルホド「……アイツが書き残したのでしょうか。この、色……“洋墨(インキ)”で書かれているみたいだ」
スサト「倒れたとき、机の上から洋墨瓶が落ちたようでございます」

 



スサト「こぼれた洋墨を指につけて、お書きになったのですね。……苦しかったでしょうに。なんと、おいたわしい……」


(息をひきとる間際に“手がかり”を残そうとしたのだろうか……)


ナルホド「でも……本当にすまない、亜双義。マッタク、読めないぞ」
スサト「これは……おそらく。日本の文字ではございません」
ナルホド「で……では、いったい! どこの国の言葉なのですか?」
スサト「口惜しいですが……わたしにも、わかりかねます」


(見たことのない、異国の言葉……いったい、どういうイミなんだろう)


……。

 



スサト「日本を出港してから、はや半月……。その間。成歩堂さまは、ずっとこの中に詰まっていたのですね?」
ナルホド「あの。“詰まっていた”という表現、やめてもらっていいですか」
スサト「ああ……失礼いたしました。隠れ家のような空間で、船の旅をお楽しみだったのですね」
ナルホド「まあ……船員がいつ、船室に入ってくるか、わかりませんから……。大半の時間は、この中に詰まって過ごしていました。……もちろん、ゆうべも」
スサト「そして……“事件”には気がつかなかったのですね」
ナルホド「…………………本当に……クヤシイです」
スサト「………………」


……。


スサト「これは……たしか。《呼び鈴》という装置でございます」
ナルホド「そ。“そうち”……ですか」
スサト「はい。大英帝国の文化を学ぶ際、ものの本に書いてありました。なんでも。外国では、これを引いて鈴を鳴らすと、召使いが現れるとか」
ナルホド「……そう聞くと、まるで“魔法”のようですね」
スサト「……………」
ナルホド「……………ちょっと、鳴らしてみましょうか」
スサト「よいと思います。……あくまで、西洋文化の研究のため」


──ちりん、ちりん!


ナルホド「……………」
スサト「……………日本人ふぜいが鳴らしたトコロで、誰も来てくれないのでしょうか」
ナルホド「いやいや。たぶん、みなさん忙しいのだと思いますよ」


……。


スサト「これは……おそらく。『通気口』だと存じます。船室内の空気が、こもってしまわないための“穴”でございますね」
ナルホド「ふうん……でも、ちょっとフシギな気がしますね」
スサト「どういうコトでございますか?」
ナルホド「この、『通気口』……。どう見ても、“トナリの船室”に通じていますよね」
スサト「はい。そのようです」
ナルホド「空気を入れかえるのなら……ソトに向けて開ければいいのに」
スサト「たしかに……そのとおりでございますね。あるいは。海で大嵐になったとき、雨が吹きこまないため……とか」
ナルホド「なるほど……そうかもしれませんね」


……っ!!

 



(……なんだ、あのヒト。さっきまでは、いなかったのに……。見たところ……アキラカに“西洋人”だな)


スサト「……あ! あんなトコロに……」
ナルホド「ああ……寿沙都さんも気がつきましたか? あの、怪し……いや、背の高い紳士に……」
スサト「……! なんというコト。もしかして……成歩堂さま。ご存じないのですか? あの……殿方を!」
ナルホド「え。ええ……外国の紳士に“知り合い”は、いませんから」


(船員さんたちとは違う、フシギな雰囲気をまとっている。亜双義の机を調べているような、机を使って遊んでいるような……)


スサト「では! では! ゼヒ。お話を聞いてみましょう!」


(寿沙都さん……気のせいか、目の色が変わったような……)


ナルホド「では。あの怪し……いや、背の高い紳士に、話を聞いてみましょうか」
スサト「はい!」


……。


ナルホド「あの、スミマセン」

???「………………」

ナルホド「スミマセン! 少々、よろしいでしょうか!」

???「……シッ! 今、大事なトコロなのです。……………」

ナルホド「……そっとしておきましょうか。少々、メンドウな空気を感じます」

スサト「え。ええ……そうでございますね……」


……。

 



???「やあ! お待たせしました!」

スサト「きゃっ!」

ナルホド「あの……亜双義の机でなにをしていたのですか?」

???「……………なるほど。そういうコトか」

ナルホド「え……な。なにが、ですか。(キョーレツな“視線”を感じる……)」

???「どうやら。すべて“見えた”ようだ。……我がスイリがささやく、《真実》……。キミは……ズバリ。最近、“アフガニスタン”から帰ってきたばかりですね!」

ナルホド「……え。ええええええええええええッ!」

???「そして、異国の地へ向かう途中……今。“最大の窮地”に立たされている」

ナルホド「あ……! (それは、そのとおりだ……)」

 



スサト「……いったい、どうして……!」

???「『いったい、どうしてそんなコトがおわかりになりますの?』……ですか。なあに。ほんの初歩のスイリです。説明するほどのコトもありません」

スサト「ほ。他にも……なにかわかるコトは、ございますかっ!」

???「ええ、もちろん。いくつか、ね。たとえば、そう……。キミの正体は、露西亜から亡命してきた……残酷なる革命家だ!」

ナルホド「……!」

???「これまで16人を暗殺して、これから英吉利(イギリス)に渡り、水晶塔(クリスタルタワー)を爆破する予定!」

ナルホド「……!!」

???「しかし! 正体を知られたため、あの“ハチマキ”のカレを殺害した! ……と。まあ、そんなところでしょう。ああ、隠さなくていい。……ムダ、ですから」

ナルホド「………………あの。それって、もしかして。ぼくのコト……ですか?」

???「……トーゼン、でしょう。この部屋に、16人も暗殺するような露西亜人が、他にいるとでも?」


(ぼくだって、やってないよ!)


スサト「……………やはり。一真さまを、手にかけたのは……成歩堂さまだったのですね」

ナルホド「……え」

スサト「そ。それに……か。かくめい、だなどと……。なんと、フラチな……そして、ハレンチな!」

ナルホド「いや。だから、それは……」


とおおおおおおおおおおおおおッ!


──ッ!!

 



スサト「この、寿沙都に……いざッ! 尋常に、“申し開き”なさいましっ!」


(やれやれ……まいったな……)


……。


スサト「あの……メンボクしだいもございません」

ナルホド「いくらなんでも露西亜の革命家はないでしょう!」

スサト「ううううう……モウシワケございません……」

ナルホド「あなたもあなたです! テキトーな“思いつき”を並べて《スイリ》だなんて……」

???「でも! でも! 当たっていたでしょう? 『異国の地へ向かう途中、今。最大の窮地に立たされている』」

ナルホド「それは、まあ……」

???「……ホラ! ホラ! どうです! どーなんですか!」

ナルホド「“どうです”と言われても……。この船は英国に向かう途中なワケだし、殺人現場で手錠をかけられてるワケだし。それはもはや、“スイリ”というより“言わずもがな”というヤツでは」

???「……そう! まさに、それこそがスイリの《初歩》なのですよ。『“言わずもがな”を、大きな声でハッキリ言ってみよう!』。これが案外、効くからフシギです」

ナルホド「はあ……。それで……あなたは、いったい……?」

???「……ああ、申し遅れました。ボクこそが。この世界で知らぬ者のない、世紀の大探偵にして……かつ、名探偵」

 



ホームズ「あの“シャーロック・ホームズ”……だったのですよ!」

スサト「ああ……やはり。ホンモノのホームズさま、なのでございますね……」

ホームズ「ええ……もちろん。ホンモノの、あの“シャーロック・ホームズ”です」

ナルホド「もしかして……ご存じなんですか? 寿沙都さん」
スサト「それは、もう! 世界で知らぬ者のない、名探偵ですから」


(……なんだか急に、この世界から切り離されたようなコドクな気分)


スサト「とにかく! ホームズさまのお話をうかがいましょう。事件の《真相》が、あっという間にわかるハズでございます!」


(……なんだか、妙に不安だ……)


……。


─名探偵─

ナルホド「ええと……名探偵、でしたよね。お名前は、たしか……」
ホームズ「まさに……ズバリ! あの“シャーロック・ホームズ”です」
ナルホド「それで、ええと。アノシャーロックさんは……」
ホームズ「あ……いえ。“アノ”はナシで。“シャーロック”でお願いします」

 



ホームズ「まあ。ボクの活躍については、この書物を読んでいただければ」


スサト「《ランドストマガジン》……英国の大衆娯楽雑誌でございます! モチロン。毎号、英国から船便で取り寄せておりますとも!」

ナルホド「あ。たしかに……書いてありますね。《シャーロック・ホームズの冒険》……。つまり……あなたは、この小説の“登場人物”ということですか?」

ホームズ「ズバリ! そのとおりです」


(小説を読みすぎて、自分を“名探偵”だと思いこんでしまったワケか……)


ホームズ「ああ、いやいや。ボクは、そういうカワイソウなヒトではありません。いわば……“逆”なのですよ」

ナルホド「ぎゃく……?」

ホームズ「名探偵の大活躍を、我が忠実なる伝記作家が、通俗小説にしているのです」

ナルホド「はあ……“伝記作家”ですか……」

ホームズ「ドクター・ワトソンというのですがね。今、倫敦(ロンドン)で“お留守番”しています」


(ドクター……“ワトソン”……?)


ホームズ「マッタク。この本のおかげで、最近はめっぽう忙しくなってきましてね。今も、亜細亜(アジア)のさる王家に伝わる呪われた宝冠(ティアラ)の謎を解いた帰りなのです。


(……オソロシイ話だな。冗談にしても、ホンキにしても)


ホームズ「ぼくにとって“スイリ”とは純粋論理の芸術なのですよ」

スサト「じゅんすいろんり……」

ナルホド「げいじゅつ……」

ホームズ「すぐれた観察者は、対象のわずかな《反応》も見逃すことはありません。フトした視線や顔の筋肉の動き、ちょっとした身のこなし……。指のツメ、服のソデ、シワ……それらはすべて《情報》なのですよ」

ナルホド「は。はあ……」

ホームズ「そして。すぐれた論理化は、それらの《情報》を瞬時に組み立てる。そこから引き出される『結論』は、唯一無二の《真実》を射貫くのです。……まさに、先ほどのようにね」


(ぼくの目をまっすぐに見て言い切ったぞ……)


ホームズ「すぐれた観察者にして論理化、そして、絶対的な大探偵……。それこそが、あの……いや、シャーロック・ホームズなのですよ!」


……。


─亜双義の事件─

ナルホド「この事件について、あなたはなにか、ご存じなのですか?」

ホームズ「おやおや……“ご存じ”もなにも。現場に潜んでいた“ハンニン”を引きずり出したのは、なにを隠そう……。この“名探偵”こと、シャーロック・ホームズ氏なのですよ!」

ナルホド「そう……だったのですか。(つまり……)」

 



(コイツは、このヒトのせい……ということ、なのかな)


スサト「……今朝。この船室のようすがおかしいと知って、わたしは……。船員のみなさまをお呼びして、トビラを開けていただいたのです」

ホームズ「その船員たちにまぎれて、かの名探偵が、息をひそめていたのですよ。そう! このボクこと、シャーロック・ホームズ氏がね! ……その、手錠。なかなか似合っているじゃないか」


(くそお……)


ホームズ「とにかく。ぼくはあのとき、一瞬で2つの“事実”に気がついたのだ」

ナルホド「“2つの事実”……ですか」


……。


─2つの“事実”─

ナルホド「……ホームズさん! 聞かせていただけますか。今朝、この船室で気づいた2つの“事実”というのは……?」

ホームズ「ああ……より正確に言えば。『一瞬で』気づいた、2つの“事実”……ということになるがね」

ナルホド「わ、わかりました。……それで、お願いします!」

ホームズ「……いいでしょう。現場の状況から、ボクが導き出した2つの“事実”……。1つ。現場は“密室”状態で、犯人の逃走は、完全に不可能だったこと。2つ。被害者は“露西亜人”で、仲間割れで殺害されたこと」

ナルホド「ちょっと待ってください! ……どうして“露西亜”なのですか?」

ホームズ「そこの、床……被害者が残した“メッセージ”を見てみたまえ」

 



……《ГАРДЕРОБ》……
《クローゼット》という露西亜語だ。


スサト「か。一真さまが……露西亜の言葉で“伝言(メッセージ)”を……?」

ホームズ「最後の瞬間、アタマに浮かぶのは母国語……つまり、彼は露西亜人だ」


(亜双義が……露西亜人……)


ホームズ「最初は、『クローゼット』という名のハンニンなのかとも考えたのだが。念のため、そこのクローゼットを開けてみた……というワケです」

スサト「そこで……成歩堂さまがおやすみになっていたのですね」

ホームズ「……そう! 真犯人の露西亜人たる、キミがね!」


(やれやれ……ぼくまで露西亜人にされちまったぞ……)

ホームズ「キミは、被害者と同じ服を着ている。つまり、“仲間”ということになる。ボクの記憶に間違いがなければ……たしかそれは、露西亜の民族衣装だね」

スサト「『学生服』というのは、露西亜の民族衣装だったのですか!」

ナルホド「……間違いなく、あの名探偵さんの“記憶ちがい”だと思いますよ」

ホームズ「ちなみに。文字に細工をされないよう、《写真》を撮っておきましたよ」

 



ナルホド「こ。これは……」

ホームズ「被害者の“遺体”が運び出される前に撮影したものなんですよ」


(……ぼくが目を覚ましたとき。亜双義は、すでに運ばれていた……。アイツの姿を目にするのは……これが初めてなんだな……)


スサト「大丈夫ですか? 成歩堂さま……」

ナルホド「え……ええ。大丈夫です」

 



─現場写真─

ムラサキ色の洋墨(インキ)で《洋箪笥(クローゼット)》と
露西亜(ロシア)語で書かれている。
死に際に書き残したと思われる。

証拠品《現場写真》の
データを法廷記録にファイルした。


ナルホド「……ああ。そうだ、ホームズさん」

ホームズ「なんでしょうか」

ナルホド「『露西亜』といえば……さっき、こう言ってましたね? ぼくは……その。露西亜から亡命してきた、残酷なる革命家、とか」

ホームズ「……ああ。ボクのスイリがささやいた《真実》……ですね」

ナルホド「その“ササヤキ”について……詳しく、聞かせていただけますか?」

ホームズ「Конечно! ……もちろん、よろこんで」


(……だから。露西亜人じゃないんだけどな……)


……。


─調べていたこと─

ナルホド「そういえば……さっき。亜双義の机を調べていましたよね」

ホームズ「“アソーギ”……ああ。被害者のことですか」

スサト「なにか、気になるコトでもございましたか?」

ホームズ「……机の上をごらんください」

 



ホームズ「……被害者は、どうやら。なにか書いていたようだ」

ナルホド「《倫敦旅日記》……これは……アイツの『手記』です。……あ、でも。故人の書いたものを勝手に読むのはユルされないと思いますけど」

ホームズ「……おやおや! そういうコトは、読む“前”に言ってもらわないとコマるなあ」

ナルホド「……え。読んじゃいましたか? もう」

ホームズ「こう見えて。カンタンなニホンゴは、読めるのですよ!」

ナルホド「そ。そうなのですか……(寿沙都さんに、投げ飛ばされるぞ)」

スサト「……………」

ナルホド「……あの。名探偵さんに“寿沙都投げ”は……?」

スサト「はて。なんのことでございましょう」


(……ずるい……)

 



ホームズ「それより。被害者の《日記》なのだが……。最後の文章は、どうやら“途中”で終わっているようだ。いったい。なにを書いていたのか……教えてもらえませんか」

ナルホド「え……でも。日本語は、読めるのでは……」

ホームズ「だから。さっきも言ったでしょう。カンタンなヤツだけです。たとえば……『ハラキリ』とかね。どうです。スゴいでしょう!」

ナルホド「はあ」

ホームズ「こいつは、“カンジ”だらけでね。ひと文字たりとも、読めませんでした。あっはっはっはっはっは!」


(さっきの“自慢”……マッタク必要なかったな)


スサト「あの……お見せください。読んでさしあげます」

ホームズ「ああ。それでは、よろしくお願いいたします」

スサト「《日記》の最後の頁に書かれている文章は……ふたつ、でございますね。『午前壱(いち)時弐拾参(にじゅうさん)分 低い“口笛”のような音を聞く』」

ナルホド「……“口笛”……ですか」

ホームズ「じつに、興味深い」

スサト「そして、もうひとつは……。『午前壱(いち)時参拾伍(さんじゅうご)分 通気口に、“まだらの紐”を目撃す』」

ナルホド「まだらの……ヒモ、ですか……なんのことでしょう」

スサト「さ。さあ……聞いたこと、ございません」

ホームズ「『通気口』……ですか。それは、おそらく……」

 



ホームズ「……トナリの船室に通じている、“あれ”のこと、でしょうね……モチロン」


(……“トナリの船室”……か)


─亜双義の日記─

倫敦に到着する前に絶筆。
亡くなる直前の記述によると、
“まだらの紐”を目撃したようだ。

証拠品《亜双義の日記》の
データを法廷記録にファイルした。


……。

─さっきのスイリ─

ナルホド「あの。先ほどのスイリですけど。……ぼくについての」

ホームズ「『今、最大の窮地に立たされている』……という、例のアレですか」

ナルホド「“それ以外”の大部分について聞かせていただけますか。露西亜から亡命したとか、革命家とか、16人を暗殺したとか、そのへんです」

ホームズ「……ああ、そのあたりのコトね。じつに、カンタンなスイリですよ」

 



ホームズ「ここに、今朝の新聞がある。 一面のトップ記事は、こうだ」

 



ホームズ「『革命家デミトリ・デミグラスキー氏 露西亜より上海ルートで亡命』……。この船は、きのう上海に寄港した。その晩、露西亜人が殺害された」


(……亜双義のヤツ、いつから露西亜人になったんだ……)


スサト「床に残された文字のせいで露西亜人にされてしまったようです……」

ホームズ「そうなれば。犯人は、モチロンこの“残虐な革命家”ということになる。自分の正体に気づかれた革命家が、亡命の協力者を殺害した! ……つまり、キミだよ。デミトリ・デミグラスキーくん!」

ナルホド「いやいやいや! だって、そもそも……。ゼンゼン似てないじゃないですか! ……カオが! ぼくと!」

ホームズ「まあ……なにぶん、キミはオソロシイ《革命家》だからねえ。おそらく。自分のカオも“革命”できるんじゃないのかな?」

ナルホド「うううううううん。そう来ましたか……」

ホームズ「ちなみに、キミの名前は、乗船名簿に載っていない。……決定的だろう?」


(……まあ。なにぶん“密航者”だからなあ……)


スサト「それでは。“16人を暗殺した”や、“水晶塔(クリスタルタワー)を爆破する”というのは……?」

ホームズ「ああ。じつは、この新聞の取材記事に書いてあったのですよ。これまでの主なシゴトと、これからの予定を聞かれて……。革命家デミトリ本人が語っています。それなら、マチガイないでしょう」

スサト「革命家って、新聞の取材を受けるのでございますね……」

ナルホド「じゃあ。最初に『アフガニスタン帰り』だと言っていた、アレは……?」

ホームズ「……そいつも、ここにシッカリ、書いてあるのだよ。最近、アフガニスタンの激戦地での破壊活動を終えて、戻ったばかりだ、と」


(……正直なトコロ……聞いたコト、ないんだよな。“あふがにすたん”……なんて)


ホームズ「……ああ、そうだ。お近づきの印に、この新聞をあげよう」

ナルホド「え……あ。ありがとうございます」

ホームズ「ボクはもう、読んじゃったのでね。……捨てるのがメンドウだ」


─革命家の記事─

露西亜の新聞の第一面記事。
『革命家デミトリ露西亜より
上海ルートで亡命』

証拠品《革命家の記事》の
データを法廷記録にファイルした。


ホームズ「……そういえば。ウラ面の記事も、なかなか興味深かったな」

ナルホド「“ウラ面”……ですか」

ホームズ「よかったら、読んでおくといい。“露西亜通”になれるかもしれない」

(……露西亜語の新聞、か。サッパリ、読めないけど……。セッカクだ。ウラ面の記事もザッと見ておくべきかな……)


……。


ホームズ「……さてと。それでは、このへんで失礼するとしましょう」

スサト「あの。どちらへ……?」

ホームズ「じつは……被害者の《日記》がすこし、気になりましてね。少々、調べてみようと思うのですよ。……じっとしていると、船酔いするので」

スサト「……もしかして……“通気口”が通じている、トナリの船室へ行かれるのですか?」

ホームズ「名探偵とは、《謎》がなければ存在する価値のない、悲しき生き物。……ご安心なさい。もうじき《真実》はアキラカになるでしょう」

ナルホド「あの! ……ぼくたちも一緒に行ってもいいですか?」

ホームズ「ああ……そいつはちょっと、ムズカシイだろうね」

ナルホド「え……ど。どうしてですか!」

ホームズ「どうしても、なにも。キミの両手を見ればわかるだろう」


(……コイツ、か……)


ホームズ「なにしろ……現状、キミは“ハンニン”なんだろ? この事件の」

ナルホド「『なんだろ?』……って、ヒトゴトみたいに言わないでください。ぼくを『ハンニンだ』とキメつけたのは……あなた自身なのですから」

ホームズ「……え。なんのコトだい? ボクは、キミがハンニンだなんて、ヒトコトも言った覚えはないよ」

ナルホド「………………いやいやいやいや! 言ったじゃないですか! さっきも!」

ホームズ「や。キミもわからないヒトだな。そんなコト、言うワケがないだろう」

スサト「あの……ホームズさま。たしかに、おっしゃいましたが……」

ホームズ「……あれ? そうですか? そいつはオカイシなあ。どうもキミは、ハンニンにしてはピンと来ないカオをしてるからねえ」


(……ぼくの目をまっすぐ見て言い切ったぞ、この名探偵……)


ホームズ「……まあ、いいでしょう。『それはそれ、これはこれ』ですからね」

ナルホド「どういうことですか……」

ホームズ「つまり。こういうコトだ。ハンニンなら、ハンニンらしく。おとなしく転がっているがいいッ! あっはっはっはっはっは!」


(……あまりにも、ヒドすぎる……)


……。


(信じがたいことに、笑いながら行っちまったぞ……あの、名探偵)


スサト「さあ! 成歩堂さま。なにをグズグズなさっているのですか!」

ナルホド「え……」

スサト「わたしどもも……はやく。おトナリの船室を、調べなければッ!」

ナルホド「で。でも……ぼくは、ホラ。このありさま、ですから……」


とおおおおおおおおおおおおおおおッ!


──ッ!!

 



スサト「……一真さまが、最後に“手がかり”を残してくれたというのに……。あなたさまは! おとなしく転がっていると言うのですかッ!」

ナルホド「ううううう……(……みんなヒドイ)」


……。


ナルホド「……とにかく。この部屋には、まだ“調べる”ことがありそうです。調査をつづけながら、トナリの船室へ向かう“好機(チャンス)”を待ちましょう」

スサト「……はいっ!」


(……こんな状況だけど。まだ、できることはあるハズだ。亜双義のために……自分のチカラで、“道”を切りひらくんだ……!)


……。


(……おや……?)


スサト「どうかいたしましたか? 成歩堂さま」

ナルホド「いや、トビラのヨコに立っている、あの船員さん、なのですが……。なんだか、見覚えがあるような気がするのです」

 



スサト「言われてみると。たしかに……そんな気もいたしますね。あの! スミマセン!」

センイン「……ハイ。なんでございましょうか」

ナルホド「………………」


(……この、カオ。ま。まさか……)

 



センイン「……けふ。……けふ。……けふ」



(……間違いない!)


スサト「“ホソナガ刑事”さまではございませんか!」

ホソナガ「……おひさしぶりです」

ナルホド「ど。どうして……こんなトコロにいるのですか!」

ホソナガ「それは…コチラの台詞です。驚きのあまり、シンゾウが止まりました」

スサト「“止まるかと思った”……ではないのでございますね」

ホソナガ「ワタシは、ある《特務指令》を受けて、この船に潜入しているのですよ」


(またか……)


スサト「つくづく、お好きなのですね。『潜入』が……」

ホソナガ「……ワタシにできることであれば。なんなりと、お申しつけください」


(……もしかしたら。この刑事さんが……。この、ひたすら絶望的な状況を変えてくれるかもしれない……!)


……。


ナルホド「……あの。ちょっと、いいですか」

 



センイン「なんだ」

ナルホド「じつは……ヒトツ。お願いがあるのですが。……ちょっと、この船室のソトを調べさせてもらえませんか……?」

センイン「………………日本人は、冗談を言わないと聞いていたが、そうでもないな」

ナルホド「え……」

センイン「犯人めが、『逃がしてくれ』とは……なかなか、笑える冗談だ」

ナルホド「……海のド真ん中で、逃げようもないと思いますけど……」

センイン「……とにかくッ! 次の港、香港(ほんこん)の警察に引き渡すまで、この船室から出すワケにはイカン! イカンのだッ!」

ナルホド「……わかりました」


(……この船員に頼んでもムリ、みたいだな……)


……。


─特務指令─



ナルホド「……それで。また、《特務指令》というのは……?」

スサト「……それに。また、そんなカッコウをなさって……」

ホソナガ「………………モウシワケございません」

ナルホド「え……」

ホソナガ「……すべて、ワタシの“セキニン”です」

ナルホド「な。なにが……ですか」

ホソナガ「ワタシの任務は……亜双義さまの“護衛”だったのです」

スサト「……!」

ホソナガ「今回の留学は、司法省(しほうしょう)の慈獄(じごく)長官の後押しで決まったのですが……。亜双義さまが、暗殺されることなく、大英帝国へ到着するように……と」

ナルホド「あ。“暗殺”……そんな可能性があったのですか!」

ホソナガ「わかりません。ただ……今。大国の間では、さまざまな緊張があって、実に複雑な情勢なのです。あらゆる可能性を考えるべきだ……そう、司法長官は言っておりました」


(なんということだ……)


スサト「そんな! 一真さまが……“暗殺”などと……」

ホソナガ「……おもて立った警護をつけるわけには行かなかったので……。ワタシは、この船の“船員”として乗り込むことになったのです」

スサト「そう、だったのですね……」

ホソナガ「朝から……夜、船室に戻るまで。決して、目を離さなかったのですが……。まさか! この壱等(いっとう)船室で事件が起こってしまうなんて!」

スサト「………………」

ホソナガ「……ワタシは、任務に失敗して亜双義さまを死なせてしまった。みなさまに、顔向けすることができない……申しわけございません!」

ナルホド「……ホソナガ刑事さん……」

ホソナガ「もし! このホソナガにできることがあれば……なんなりと! お申しつけくださいッ!」


……。


─調査の《許可》─

ナルホド「今。ぼくたちは、亜双義の死について、調べています」

ホソナガ「……やはり。ハンニンは、アナタではないのですね……?」

ナルホド「……当然です!」

スサト「……わたしども。トナリの船室を調べたいのでございますが……」

ナルホド「だから。この船室から出る《許可》をいただきたいのです!」

ホソナガ「………………モウシワケありません」

ナルホド「え……」

ホソナガ「現在。アナタは、この船にとって《危険人物》です。アナタが、この船室から出ようとトビラに手をかけた、その瞬間……あの“あらくれ者”が、アナタのクビをひっこ抜いてしまうでしょう」

ナルホド「……ぼくは“密航者”にして、同胞(どうほう)の命を奪った“殺人犯”……というワケですか」

ホソナガ「………………もし、可能であれば。ワタシに、なにか……“説得の材料”をいただけますか」

スサト「説得の、材料……でございますか?」

ホソナガ「『トナリの船室を調べる必要がある』……その“コンキョ”があれば……。この、ホソナガ。イノチにかえて、船長(キャプテン)を説得いたしましょう」

ナルホド「で。でも……そんなコトが……」

スサト「………………ヒトツ。方法がございます」

ナルホド「え……! いったい……どうやって!」

スサト「先ほど。成歩堂さまがこの寿沙都にしてくださいました。目の前に……“証拠”を《つきつける》のでございます」

ナルホド「……“証拠”を……」

スサト「すでに、法廷で何度もやってきたことでございます。ホソナガ刑事さまに……目にモノ見せて差し上げるのです!」


(トナリの船室を調べなければならない“コンキョ”……か)


ホソナガ「……わかりました。“コンキョ”なら……あるハズです」


(……《つきつける》か。やってみよう……!)


……。

 



スサト「露西亜語の記事でございますが、マッタク読めません……」

ナルホド「……ぼくも、ダメです。露西亜語は、サッパリですね」

 



ホームズ「そんなガッカリなキミたちに。ボクがシッカリ、教えてあげよう。この新聞の第一面は……オソロシイ露西亜人の記事だね。『革命家デミトリ・デミグラスキー氏 露西亜より上海ルートで亡命』とね!」

ナルホド「……それはさっき、聞きましたけど」

ホームズ「なんでも。ヤツのヒゲを見て、生きて帰った者はいない、とか!」

スサト「まあ! なんと、オソロシイ……」

ナルホド「……少なくとも、この写真を撮ったヒトは、ブジだったみたいですね」

ホームズ「そもそも。そんなに見られたくないヒゲなら、ソリ落とせばいいしね」

スサト「……そういうコトではないと存じます……」


……。

 



ナルホド「これは……」

スサト「どうかいたしましたか? 成歩堂さま」

ナルホド「いや。この、ウラ面の記事も気になるな……と思って」

スサト「……なにが書いてあるのか、ひと文字たりとも、わかりません」

ナルホド「ぼくも読めませんけど、この写真の感じでは……。それは美しい“舞姫”に関する記事なのではないかと」

スサト「はああ。キレイな方ですね。こういうのがお好きなのですか」

ナルホド「……“こういうの”と言われましても」

 



ホームズ「ああ。この記事に注目するとはなかなか、お目が高い」

スサト「きゃっ!」

ホームズ「キミたちのために、記事の内容を紹介しておこうか」

ナルホド「お。おねがいします……(こんなところにも出てきたか)」

ホームズ「こいつは、ゆうべ起こった《失踪事件》の記事だ。『露西亜の名門・ノバビッチ・バレエ団プリマ・バレリーナ、失踪』……! 上海にて公演中の、露西亜のバレエ団から……少女がヒトリ、姿を消した。それは美しい、バレリーナのニコミナ・ボルシビッチ嬢だ」


(……露西亜人の名前は覚えづらいな……)


ホームズ「楽屋から姿を消したときは、舞台(ステージ)衣装のままだったそうで……。その、金剛石(ダイヤモンド)の“宝冠(ティアラ)”は、2万ルーブルの価値だそうだ」

ナルホド「……いくらですか? “2万るうぶる”とは」

スサト「見当もつきませんとも! でも、きっと……きっと。ユメのような大金だと思われます!」


(寿沙都さん……目がキラめいているな)


ホームズ「ティアラはバレエ団の財産で、団長さんは発狂寸前だそうだよ」

ナルホド「まあ……そうなんでしょうね」

ホームズ「バレエ団は、ニコミナ嬢とティアラを取り戻すため……。現在、英国に向かうすべての港に、国際手配を要請しているそうだ」

スサト「ひょっとして……また“亡命”でございますか」

ナルホド「なんか『露西亜名物』って感じがしますね。“亡命”」

スサト「……そういうコトは言ってはいけないと思います」



証拠品《踊り子の記事》の
データを法廷記録にファイルした。

─踊り子の記事─

露西亜の新聞のウラ面記事。
『《ノバビッチ・バレエ団》の
踊り子が、上海で失踪』


……。

 



スサト「これは、成歩堂さまがお書きになられたのですね。まことに、アザヤカで力強い“墨痕(ぼっこん)”でございます!」
ナルホド「まあ。“手荷物”として運びこまれたぼくの、ココロからの『叫び』ですね。見つかったら、ニモツよろしく真冬の海に放りこまれるワケですから」
スサト「……さすがに、露西亜の船員さまもそこまではしないかと存じます」
ナルホド「ううん……そうでしょうかね」
スサト「せいぜい。厨房(キッチン)で死ぬまで皿洗いとか、そのていどかと」
ナルホド「それはそれで、じゅうぶんな“ていど”だと思います……」


……。

 



スサト「“お札”を貼りつけたノリの跡でございますね」
ナルホド「ああ。“メシつぶ”ですね」
スサト「メシつぶ……でございますか?」
ナルホド「ええ。夕食のコメを、断腸の思いでスリつぶして、ノリのかわりに」
スサト「だ。“断腸”とは、また……」
ナルホド「なにしろ、密航者のぼくにとって、生命線は、亜双義の食べ残しですから。たとえ、メシつぶであっても! まさに“死活問題”であるわけです!」
スサト「はあ……大変なのですね。“密航者”というのも。わたし。ノリを持ってきましたから、今夜からは、自由にお使いください」
ナルホド「は……はいッ! ありがとうございます!」


……。

 



ナルホド「我らが勇盟大学の校章。学生にとっての“ホコリ”だ。校章といえば、丸だったり四角だったりするものが多いなか……。この、無意味にトガったデザインはなかなか気に入っている。ただ、あまりにトガりすぎて、制服につけるとき、指を切る学生も多いとか。『切れ味のスルドい人材たれ』という創立者の願いがこめられてるのかな」


……。

 



ナルホド「校章のウラには、ぼくの『学籍番号』が刻まれている。もし。コイツをなくしてしまうと、帝都勇盟大学の学生だと認められない。……まあ。なくしたら、番号を言えば再発行をしてくれるのだけど……。じつは今まで2回、再発行しているのにいまだに番号を覚えていない。『今度こそ、どこかに書き記さねば』……そう思うのだが、つい忘れてしまう」


……。

 



ホソナガ「これは……今朝、洋箪笥に貼ってあった“お札”ですね」

ナルホド「ええ。船員が勝手に開けては見つかってしまいますからね」

ホソナガ「……それならば。《アケルナ》でなく、英語のほうがよかったのでは……」

ナルホド「でも。やっぱり、“お札”といえば、我が国の文化ですから。それに、気味が悪かったみたいで、誰も開けようとしませんでしたよ」

ホソナガ「……密航者というのも、なかなかタイヘンなのですね」


……。


ナルホド「刑事さん。これ、なのですが……」

 



ホソナガ「こ、これが……ウワサの、帝都勇盟大学のバッジですかッ!」
ナルホド「え。ええ……“ウワサ”かどうか、知りませんけど」
ホソナガ「……つまり。アナタは“学士サマ”というワケですか」
ナルホド「え」
ホソナガ「尋常中学のワタシとは、コンポンからデキが違う、とッ! そう言いたいワケですね!」
ナルホド「……スミマセン。返してもらえますか。バッジ」


……。

 



ナルホド「あの。これ、なんですけど……」

ホソナガ「ごほ! ごほがほげほ! …………」

スサト「ど。どうかされましたか……?」

ホソナガ「……………ああ、いえ。動揺を隠すため、得意の激しいセキでゴマかそうとしたのですが……ムネが詰まってしまい、セキも詰まってしまったしだいです」

スサト「ホソナガ刑事さま……」

ホソナガ「亜双義さまは、大日本帝国の未来を背負う、国の宝ともいうべき逸材。それをッ! 刑事でありながらッ! この、ホソナガと来た日にはッ! ごほ! ごほがほげほ!」


(……亜双義……)


……。

 



ナルホド「この、新聞なのですが……」
ホソナガ「……モウシワケありません。露西亜語は、読めませんので」
ナルホド「ああ、いえ。内容ならわかっているので、大丈夫です」
ホソナガ「…………………それがつまり、“学士サマ”の語学力、というワケですか」
ナルホド「え」
ホソナガ「尋常中学のワタシとは、コンポンからデキが違う、とッ! そう言いたいワケですね!」
ナルホド「……スミマセン。もう、いいです」


……。

 



ホソナガ「これは……?」

ナルホド「亜双義の《日記》です」

スサト「一真さまは……亡くなる直前に、フシギなコトバを残しているのです」

ホソナガ「フシギな……?」

スサト「『通気口に、まだらの紐を目撃す』……でございます」

ホソナガ「まだらの……紐、ですか。たしかに、フシギなコトバです」

ナルホド「そのコトバの意味は、まだわかりません。ただ、気になるのは……」

ホソナガ「や、わかります。……『通気口』……ですね」

スサト「……さすがは、刑事さまでございます」

ホソナガ「たしかに。あの通気口は、トナリの船室に通じています」

ナルホド「そこを調べれば……“まだらの紐”の意味が、わかるかもしれません!」

ホソナガ「………………いいでしょう」

ナルホド「え……!」

ホソナガ「ワタシ自身は、今……この船室を離れることができないのです。この船が、次の港に到着するまで……。現場から目を離さず見張っているよう、船長より命じられていますので。……調査は、おふたりにお願いするしかないようです」

スサト「ほ。本当でございますか!」

ホソナガ「手錠をハズすことはできませんが。壱等船室区画内ならば、ご自由に」

ナルホド「でも……大丈夫ですか? 船長さんの“命令”は」

ホソナガ「……けほ。……けほ。……けほ。……この、ホソナガ。約束は、お守りします。イノチにかえて。船長を“説得”いたします。それが……亜双義さまを守りきれなかった、せめてもの“罪ほろぼし”と存じます」

ナルホド「……ありがとうございます」

スサト「それでは……参りましょう、成歩堂さま」


……。



 

 

 

 

同日 午前7時48分
ラクレイ号 壱等船室 廊下


(……やっと、船室を出ることができたな……)


ナルホド「それにしても……ちょっと、驚きました。意外と狭いのですね。船室のソトの通路は……」



スサト「そうでございますね。一真さまは、日本政府から派遣された留学生ということで……。この蒸気船で最高級の部屋にあたる《壱等船室》をいただいているのです。ちなみに、わたしどもの《参等(さんとう)船室》は、ここの半分ぐらいでございます」
ナルホド「それは……なかなか手ヒドい扱いですね」

 



ナルホド「あ……見てください、あそこ……。見張りの、それはそれは強そうな船員さんが座っています!」

スサト「あのトビラは、弐等(にとう)船室区画へ通じているので……不審な者が出入りしないよう、見張っているのでございましょう」



ナルホド「不審な者……ですか。(……こんなヤツ、だろうな)」
スサト「それにしても、成歩堂さま。出航して、半月になるというのに……。まるで、初めてみたような目のカガヤキでございますね」
ナルホド「それは、そうでしょうね。なにしろ……乗船するときは、亜双義の旅行鞄に詰めこまれていて……。それ以降は、今日まで《洋箪笥》に詰めこまれていましたから」
スサト「……それはなんとも。ご苦労さまでございます」
ナルホド「……おねがいですからそんな目で見ないでください」

……。


─調べる─

スサト「ネズミを捕獲するための『ワナ』でございますね」
ナルホド「ええ。それは日本でも見かけるのですが……。エサに、見慣れぬ“ねりもの”が使用されているようです」
スサト「これは……《乾酪(チーズ)》でございますね。牛の乳を発酵させて作るとか」
ナルホド「“ちーず”……(どんな味なんだろう……)」
スサト「ダメですよ、食べては。指をパチンと挟まれます」
ナルホド「……ううう……しかたない。あきらめます」
スサト「……ホンキで召し上がるつもりだったのでございますか」
ナルホド「なにしろ、ゴハンは亜双義の食べた“残りもの”だけですから……。いつもハラペコで《洋箪笥》の中に詰まっているのです」
スサト「……あとで、寿沙都のおやつをわけてさしあげます」


……。


ナルホド「『壱等船室・第壱号室』……ここが、ぼくたちの船室です」
スサト「“ぼくたちの”ではなく、一真さまの船室でございます」
ナルホド「え」
スサト「成歩堂さまの居場所は、その《洋箪笥》のみでございますから」
ナルホド「……肩身も居場所もナニもかも狭いです。“密航者”ってヤツは」
スサト「“壱等”といえば。この船で最高級の船室でございます。ちなみに。わたしは『伍百参拾九(ごひゃくさんじゅうきゅう)号室』でございます」
ナルホド「……いくつあるんだ。この船の船室は……」


……。


ナルホド「これは……なんでしょう。なんだか丸くて、かわいらしいですね」
スサト「《緊急警報器(アラーム)》でございますね。どうか、手を触れませぬように」
ナルホド「“けいほうき”……ですか」
スサト「『緊急事態の際にのみ、《釦(ボタン)》を押すべし』……と書かれております。全船内に非常警報を鳴らして……なんと。一時、完全に停船するそうです」
ナルホド「それでは、サッソク……」
スサト「なな。ナニをしているのですか! 手を触れては、いけません!」
ナルホド「だって。“緊急事態”じゃないですか! なにしろ、コレ(手錠)、なんですから!」
スサト「……アキラカに、そういう用途ではございません! 今。この巨大な船を止めたりしたら。さらなる“緊急事態”に見舞われます!」
ナルホド「ううう……もう、なにもかも止まってしまえばいいんだ」
スサト「……ヤケになるなら、ヒトさまに迷惑をかけない方向でお願いいたします」


……。


ナルホド「これは……この蒸気船《アラクレイ号》の見取図ですね」
スサト「三層構造の、巨大客船……圧倒的な技術力でございますね」
ナルホド「じつは……ずっと、フシギに思っているのです。どうして、こんなに巨大な鋼鉄の塊が海中に没することなく、浮いているのか」
スサト「……そのようなコト。じつに、カンタンではございませんか」
ナルホド「え……」
スサト「だって……ホラ。日本列島をごらんください」
ナルホド「にっぽんれっとう……ですか」
スサト「こんな船など比較にならぬ巨大なツチの塊が、平気な顔で浮いております。……それを思えば。こんな船など、むしろ沈むほうがフシギではありませんか」
ナルホド「……たしかに。なんだか、そんな気がしてきました」


……。


ナルホド「机の上に、大判でゴツい“帳面”と、ペンがある」
スサト「これは……どうやら《航海日誌》でございますね」
ナルホド「……ちょっと、中を見てみましょうか」

 



ナルホド「…………」
スサト「細かく、キレイな文字で、航海の情報がビッシリ書いてあります!」
ナルホド「ううん……“海のならず者”が書いたとは思えない、美麗な文字ですね」

センイン「……………」

ナルホド「せっかくホメたのに、ピクリとも反応しませんね。ヨコの船員さん」

スサト「……おそらく“海のならず者”がよくなかったのではないかと存じます。ちなみに。昨夜の頁は……ほとんど“空白”になっています」
ナルホド「つまり。ゆうべは『異常ナシ』ということになるのかな……」
スサト「………………」


……。


ナルホド「……あの。スミマセン。ちょっと、よろしいですか?」

 



センイン「……なんだ。この、密航者の殺人犯め!」

ナルホド「……のっけからココロをヘシ折られました」

スサト「……では。かわりに、このわたしが。ごきげんよろしゅう。少々、よろしいでしょうか」

センイン「……なんだ。留学生のおこぼれで参等船室に放りこまれた小間使いめ!」

スサト「……わたしもやられました」

ナルホド「どうも、よろしくないみたいですね。船員さんの“ゴキゲン”……」

センイン「……その、“船員さん”は、やめろ。オレは、上級乗船員の“ミストロ・ストロガノフ”だ」


(とにかく……目を見ないようにして話を聞いてみるとしよう……)


─壱等船室区画─

ナルホド「あの……ストロガノフさん。《壱等船室区画》というのは……?」

ストロガノフ「この《アラクレイ号》で最高級の船室が並ぶ、この区画だ」

ナルホド「“最高級”……」

ストロガノフ「各国政府の要人、お忍びの国王など、身分の高い者が使用する船室だ。したがって。こうして、常に監視・警備している」

ナルホド「それは……なんというか、スゴいですね」

ストロガノフ「……なのに。キサマのごとき“密航者”の侵入を許してしまうとは。今すぐ、そこらの海に放りこんでやりたい衝動に駆られているぜ」

ナルホド「……恐縮です……」

スサト「ちなみに……亜双義一真の“トナリ”の船室には……どなたが、いらっしゃるのですか?」

ストロガノフ「Да……!」

ナルホド「……あの、寿沙都さん。なんですか? 今のは」

スサト「“だー!”と聞こえましたが。おそらく……。露西亜語で、『はい』……もしくは『いいえ』だと思われます」

ナルホド「…………それはそうでしょうね」

ストロガノフ「……だから、勝手に船室を訪ねることは、許可できない」

ナルホド「……! どうやら。トナリの船室には“客”がいるようですね」

スサト「……気になります」


……。


ナルホド「あの。ストロガノフさんは、ここでずっと見張りをしているのですか?」

ストロガノフ「……そうだ。キサマのような不審者を逃がさぬようにな」

スサト「あの……ゆうべの事件はご存じでしょうか」

ストロガノフ「………………あの留学生は、キノドクだった」

ナルホド「ゆうべも、ここで見張りをしていたんですよね?」

ストロガノフ「………………当然である」

ナルホド「それでは、そのとき……。なにか、気がついたことはありませんか?」

ストロガノフ「…………………Нет!」

ナルホド「……寿沙都さん。今のは……」

スサト「もう、見るからに『のー!』だと存じます」

ストロガノフ「特に、変わったことはなかった。……それ以上でも、それ以下でもない」

ナルホド「怪しい物音とか、怪しいケハイとか……」

ストロガノフ「……ない、と言っているッ!」

ナルホド「す……すみませんッ!」


(なんだろう……。ストロガノフさん……今、すこし目をそらしたような……)


……。


ナルホド「……ここだ……。ぼくたちの“トナリ”……通気口がつながっている船室」

スサト「一真さまが『まだらの紐』を見たという通気口でございますね」

ナルホド「その“謎”が解けるかもしれません。ちょっと、話を聞いてみましょう!」

 



ストロガノフ「………………」

ナルホド「あ。あの……」

ストロガノフ「……………」

ナルホド「スミマセン。ぼくたち、その船室に用があるのですけど」

ストロガノフ「………………」

スサト「この、船員さまの、目。『アケルナ』と言っております」

ナルホド「それ。ぼくが、札に書いて《洋箪笥》に貼っておいた言葉です」


(“目は札ほどにモノを言う”……か)



スサト「どうやら。この船室を訪ねることは許されないようでございます」

ナルホド「ううん……困ったな」


……。


─トナリの船室の客人─

ナルホド「あの。亜双義のトナリの船室の客人は、どのような方なのですか」

ストロガノフ「………………。名前は、“グリムズビー・ロイロット”。西洋人の、リッパな老紳士だ」


(……西洋人の、紳士……か)


ストロガノフ「……つまらぬことを考えるなよ。留学生の事件とは“無関係”だ」

ナルホド「……なぜ、そう言い切れるのですか?」

ストロガノフ「グリムズビー・ロイロット氏は、正真正銘、西洋のリッパな紳士だ。極東の島国の留学生ふぜいと関わりがあるハズがない!」


(ヒドい言われようだな……)


スサト「ちなみに。ロイロットさまは、いつからこの船に乗っていらっしゃるのですか?」

ストロガノフ「………………キサマたちが知る必要はない」


(そういえば……。これまで、半月のあいだ、あの船室にいたけど……。トナリの船室に、人の気配を感じたコト、一度もなかったな)


スサト「そのお客さまですが。壱等船室を使われている、ということは……。やはり、重要な身分のかた……なのでございますか?」

ストロガノフ「………………キサマたちが知る必要はない。……さて。話は、ここまでだ」

ナルホド「え……」

ストロガノフ「船長に《定時報告》をする時間だ。……キサマも、船室へ戻るがいい」

ナルホド「は。はあ……」

ストロガノフ「弐等船室区画へのトビラには、厳重にカギがかかっている。逃げようと思っても、ムダだぞ」

ナルホド「……わかりました」


……。


スサト「それでは……こころゆくまで調べあげてやりましょうとも!」

ナルホド「……もちろんです!」

 



スサト「これは……弐等船室区画へ通じるトビラでございます」
ナルホド「………………」
スサト「どうかいたしましたか?」

ナルホド「一瞬。あのトビラから、逃げだしたいキモチになりました。なにしろ。こんな状態ですからね」

スサト「……おそらく。その手をトビラの取っ手にかけた、その瞬間。あの、屈強な船員さまに射殺されるのが、オチかと存じます」

ナルホド「………………」

スサト「も、もうしわけありません。冗談が過ぎたようでございます」

ナルホド「……いえ。ぼくのほうこそ、冗談が過ぎました」


(アイツの死を放り出して逃げるなんて、できるワケがない)


……。

 



……ゴン……ゴン……ゴン……


……………………


スサト「……返事がございません。どうやら。カンタンにはお話を聞けないようでございます」

ナルホド「ううん……困ったな」


──きゃあああああああああッ!


ナルホド「い。今の声は……(この船室の“中”から……!)」

スサト「絹を引き裂く、乙女の悲鳴でございます!」


──そこをどくんだ。キミたち!

 



ホームズ「……今すぐ、ドアを蹴破るぞッ!」

スサト「ほ……ホームズさま……!」

ホームズ「ボクは今。ドアを蹴破りたい気分でもう、イッパイなのだよ!」

スサト「あ……お。お待ちください! この、トビラ……カンヌキがかかっていないようです!」

ホームズ「なんですって……。じゃあ! ボクの“蹴りたい”気分は、どこへぶつければ……ッ!」

ナルホド「とにかく、入りましょう! ……非常事態です。遠慮はいらない!」


……。

 



同日 某時刻
ラクレイ号 壱等船室 弐号室

 



???「な……なんだ、オマエたちは!」


(西洋人の、老紳士……どうやら、露西亜人のようだ)


ナルホド「……あの。今、コチラで若い女性の悲鳴が……」

 

???「“ヒメイ”……? バカ、言うな。見てのとおり……この部屋。ワシしか、おらぬ」


(たしかに。ここにいるのは、このご老人だけだ……。では……いったい。さっきの悲鳴は……?)


ロウジン「さっさと出ていけ。みんな……今、すぐに!」

ホームズ「ああ……失礼ですが。グリムズビー・ロイロット氏ですか」

ロイロット「いかにも、ロイロットだが。……アンタ、なんだ」

ホームズ「あの、シャーロック・ホームズです。モチロン、ご存じですね?」

ロイロット「……知らん」

 



ホームズ「このように、大英帝国の雑誌の表紙を飾る、名探偵にして大探偵。……そう! 決してアヤシイ者ではないのですよ!」


(名探偵さん、あの雑誌が“名刺がわり”みたいだな……)


ロイロット「“探偵”だと……? ますます、アヤシイ」

ホームズ「ボクたちは……たしかに。この部屋から“悲鳴”を聞いたのです」

 



ホームズ「どうやら。クローゼットの中には誰も隠れていないようですから……」

 



ホームズ「よろしければ。その、小さい旅行鞄を開けていただけますか?」

ロイロット「ば。バカを言うなッ! こんな小さな旅行鞄……ヒトなど、入るかッ!」

ホームズ「最近、旅行鞄に詰まって旅をするのが流行っているようですからね」

ナルホド「……そこで、ぼくを見ないでください」


ガタ……。ガタ……。


スサト「あ……ッ! み。見ましたか……成歩堂さま!」

ナルホド「は……はい! (旅行鞄が……“動いた”……?)」

ロイロット「……はやく、出て行け。さもなければ……船員、呼ぶ」


(グリムズビー・ロイロット。亜双義の“隣人”……。この、露西亜人……間違いない。なにか、隠している……!)


スサト「ええ! わたしもそう思います。あの船員さまが戻る前に……“手がかり”を見つけましょう!」


……。

 

ナルホド「あの……ロイロットさん。ちょっと、よろしいですか?」

ロイロット「よろしくないッ!」

ナルホド「え………」

ロイロット「なにも、話すつもり、ない。今すぐ……出ていけッ!」


(ううううう……ダメ、か)


スサト「この状況……わたしどもでは、どうしようもございません」

ナルホド「たしかに……そうですね。(この状況。なんとかできるのは……)」

 



(……やはり。あの“名探偵”なのか……?)


……。


ナルホド「あの……よろしいですか? シャーロック・ホームズさん」

ホームズ「……ああ。ボクのことなら『ホームズさん』でケッコウですよ」


(あんまり変わらないな……)


ナルホド「ホームズさん……こんなところでなにをしているのですか?」

ホームズ「……なあに。ちょっと、くつろいでいたのですよ」

スサト「くつろいで……?」

ホームズ「ここに詰まって船旅をするキモチを想像しながら、待っていたのです。キミたちが……大探偵のチカラを必要とする時が来るのを、ね」

スサト「え……」

ホームズ「そして。どうやら……今。その“時”が来たようだ。……違いますか?」

ナルホド「そ。それは……(まさに、そのとおり……だ)」

ホームズ「……見たまえ」



ホームズ「かの露西亜人、ロイロット氏は……アキラカに、なにかを隠している。『隠しごと』をしている露西亜人にイチバン“効く”のは、なにか……?」

ホームズ「それは、ズバリ。《真実》なのです。……まあ。これはベツに、露西亜人にかぎった話ではないがね」

ナルホド「は。はあ……」

ホームズ「必死に隠す《秘密》を見抜かれたとき。露西亜人は、いったいどうなるか……。……見てみたいとはとは思わないかな?」

スサト「見てみたいです! ホームズさまっ!」

ホームズ「……今から。キミたちに興味深いものをお目にかけるとしよう。……名探偵の、名探偵による、名探偵ならではの《名推理》をね」


……。


ホームズ「じつに……見るからに。絵に描いたようにアヤシイ露西亜人だ」

ロイロット「なんじゃと……!」

ホームズ「……ボクはね。ときどき、こう思うのですよ。露西亜人だからアヤシイのか……アヤシイから露西亜人なのか……?」

ナルホド「……どちらでもないと思いますけど」

スサト「それに……ホームズさま。いくら、おヒゲとサングラスが“いかにも”という感じであっても……。いきなり《アヤシイ》と決めつけるのは、いかがなものかと」

ホームズ「……シッ! お静かに! ………………」

ロイロット「な。な。……なんだ。ワシのカオ。見つめおって……」

ホームズ「なるほど……どうやら。そういうことですね」

ロイロット「え……」

ホームズ「たった今。『結論』まで、読み切った。……他の可能性は、存在しない。……ミスター・ロイロット。ボクの『結論』は“2つ”です」

ロイロット「ど……どういうコトじゃ……」

ホームズ「まず、1つめの『結論』。あなたの“正体”は……ひらたく言って《極悪人》だ! そのハサミで……今。大切なものの“イノチ”を、絶とうとしていた……。……違いますか?」

ロイロット「あ……ッ!」

ホームズ「そして、もうひとつ。……そう、2つめの『結論』。あなたは……今、この瞬間。モーレツな《犯罪》に手を染めている! 今にも気づかれやしないかと、そのヒゲの下でヒヤヒヤしている……。……違いますか?」

ロイロット「ぐ……ッ!」

スサト「出ました! 成歩堂さま! ……ホームズさまの《名推理》が!」

ナルホド「め。めいすいり……ですか?」

スサト「ホームズさまは……あろうことか。その者を一目、見るだけで……すべて、“見抜いてしまわれる”のです!」

ナルホド「な。なんですって……(“不可能”だ……あり得ない!)」


スサト「《シャーロック・ホームズの冒険》……小説で、何度も読みましたとも! ……あの、驚くべき《名推理》を、ナマで聞かせていただけるなんて……」



スサト「ああ、まさに! ユメのようでございます!」


(し……信じられないけど。ロイロットさんが、青ざめた……。どうやら……『結論』は、2つとも“当たっている”ようだ……!)


ロイロット「い……いったい! いったい、どうして……」

ホームズ「『いったい、どうしてそんなコトがおわかりになるんじゃの』……ですか。……よろしい。それでは……たっぷり、語るとしましょうか。この大探偵が、いかにして2つの『結論』に、たどりついたのか? さあ! ボクと一緒に。『論理の旅』に出るとしましょうか! ……つまるところ。ボクの《推理》につきあいたまえ、というコトです」

 



─推理開始─

The game is afoot!



Topic 1
 ─老人の正体─

 

ホームズ「アヤシイ露西亜人・ロイロット氏。まず、注目するべきは……もちろん。イヤでも目に突き刺さってくる、その大きな《ハサミ》だ。いったい。それを使って何をしようとしていたのか……? その《コタエ》は……あなたを“観察”すれば、アキラカです、あなたは、そのハサミを使って“リッパなヒゲ”を切るトコロだった! ……次に進みましょう。では……そのリッパなヒゲを、なぜ。切り落とさなければならなかったのか? その理由もまた、アキラカです。それを示す《証拠》がありますからね」

ロイロット「……!」

ホームズ「ここに、今朝の《新聞》があります。とても興味深い記事が載っている。……どうやら、あなたも。その《新聞》を読んでいるようだ。もちろん、おわかりでしょう。あなたの正体を示す《証拠》……それは……“革命家の記事”です!」

 



ホームズ「『革命家デミトリ・デミグラスキー氏 露西亜より上海ルートで亡命』……! 写真には……その、非常に目立つヒゲが、しっかり写っています。記事に気づいたあなたは、船の者たちに気づかれる前に、ヒゲを切ろうとした。……つまり。あなたの《正体》は、アキラカだ。あなたこそは! あの恐ろしい革命家。“デミトリ・デミグラスキー”なのです! ……まあ。ボクは聞いたコトがないのでよく知りませんケドね」



Topic1
 ─老人の正体─

Conclusion
 亡命した露西亜の革命家


……。



Topic 2
 ─犯した罪─

 


ホームズ「次に……もうひとつ。あなたは今。ある“罪”を犯しているようだ」

ロイロット「……!」

ホームズ「そして。その罪の《証》が……ホラ。そこにあるますね。……そうなのですよ、ミスター・ロイロット。ヒトは、不意をつかれると、反射的に“視線”が動いてしまう……」

ロイロット「ぐ……」

 



ホームズ「そしてそれは、コトバよりも雄弁に……そして、正直に語るのです! ほんの、一瞬……チラリと投げた、その“視線”の先に《コタエ》がある。あなたの“罪”……その《証》こそ、その旅行鞄なのです! ……そろそろ、その旅行鞄を開けて、中を見せていただけませんか?」

ロイロット「……断るッ!」

ホームズ「いったい。その中に、なにが隠されているのか。ボクの見たところ……。なんとかムリをすれば……“少女”をヒトリ。詰めこむことができそうだ」

ロイロット「ば。バカな……ッ!」

ホームズ「旅行鞄に詰めこまれた、少女。いったい……何者なのですか? ……やれやれ。あなたは、犯罪には向いていない。“視線”が正直すぎるようです。今。あなたが思わず目を向けた……そこに“コタエ”がある。 旅行鞄を開けられない《理由》……それは、“新聞”に書かれている! じつは、この新聞には……もうひとつ。興味深い記事が載っているのです。革命家の《亡命》の記事……その“ウラ面”にね!」

 



ホームズ「『露西亜の名門・ノバビッチ・バレエ団 華麗なる踊り子、失踪』……! そこから導き出される『結論』は……ただひとつ。あなたの犯している《罪》。それは……“誘拐”なのです! ……記事によれば。少女の名は、“ニコミナ・ボルシビッチ”だとか。



Topic 2
 ─犯した罪─

Conclusion
 踊り子の少女を誘拐している

 


ホームズ「以上。シャーロック・ホームズの《名推理》でした」


……。


ナルホド「………………ええと、寿沙都さん。今のが、いわゆる《名推理》ですか」

スサト「え。ええ……小説で読んだことがあるのですが……。今日の《名推理》は……ちょっぴり。“いつもと違うニオイ”が漂っておりました」

ナルホド「ちょっと、ホームズさん! こっち、来てもらえますか」

ホームズ「やあ。どうしたのかな?」

ナルホド「今の《スイリ》ですけど。……いいですか?」

ホームズ「うんうん。なんだろう」

ナルホド「……まず、この新聞。さっきも言ったような気もしますが……。ゼンゼン似てないじゃないですか! ……カオがッ!」

ホームズ「まあ……ボクのほうも、さっきも言ったような気がするが……。相手は革命家だ。自分のカオも“革命”できるんじゃないのかな」

 



スサト「たしかに……すくなくとも。成歩堂さまよりは、近い気がいたします」

ナルホド「……そういうモンダイじゃありません」

ナルホド「それから、もうひとつ! 《誘拐》のクダリですけど……」

ホームズ「……ああ。まさに、驚くべきことだね。あの、一見とても小さく見える旅行鞄に。あろうことか、少女が詰まっているとは」

ナルホド「いやいや! “一見”どころか、アキラカに小さすぎるでしょう! その旅行鞄なら……ぎゅうぎゅうに詰めて、“5才”の女の子が精一杯ですよ!」

スサト「ちなみに……失踪した“踊り子”さまは、5才の女の子なのですか?」

ホームズ「そんなコトも、ご存じないのですか。15才に決まっています!」

ナルホド「……知りませんよ」

スサト「15才となると……約10才ぶん、旅行鞄からハミ出すことになります」

ホームズ「じつは、ムカシ……どこかで聞いたコトがあるのだが。連中は、身体をやわらかくするために毎日、酢を飲んでいるらしいよ」

ナルホド「はあ……酢、ですか……」

ホームズ「そんな酸っぱい連中なら。この中に詰まるぐらい、造作もないだろうさ!」

スサト「あの……それは、曲技団(サーカス)の“軽業師(アクロバット)”の話では……」


(ううう……もう、ムチャクチャだな……)


スサト「……成歩堂さま。ただいまの、ホームズさまの《スイリ》は……おそらく。その《観察力》は……ズバリ! 鋭く“本質”を突いていると思われます。ただ……その《着眼点》と《論理》が、ほんのすこし。ズレているだけなのです」

ナルホド「それは、なんというか……相当な『ほんのすこし』ですね」

スサト「ホームズさまの《スイリ》のカギとなる、重要な《ヒトコト》……。それを、わたしどもで、そおっと“入れ替えて”みませんか?」

ナルホド「《スイリ》のカギを、“入れ替える”……」

スサト「はい。そおっと……です。そうすれば、きっと……。ホームズさまの、真の《名推理》が完成するハズでございます!」

ホームズ「……まさにね! ボクも今、そう思っていたところさ」


(……やれやれ。手のかかる《名探偵》さんだな……)


ホームズ「やあ。メンドウをかけるね。あっはっはっはっはっは!」


(……なんの高笑いだ……)


ホームズ「ああ……それから、キミ」

ナルホド「はい……なんでしょうか」

ホームズ「両手を見てみたまえ」

ナルホド「“手”……ですか?」

 



スサト「ああああああああああッ! て。手錠が……ございません!」

ナルホド「ええええええええええッ! こ。これは……いったい……」

ホームズ「スイリにジャマだろうと思ってね。チョチョイとハズしておいたよ」

ナルホド「え……」

スサト「さ。さすがは……名探偵シャーロック・ホームズさま……!」

ホームズ「ああ。シンパイはいらない。後でまた、キチンと戻してあげるから」

ナルホド「……いや。できれば、このままにしておいてください」

ホームズ「……それでは。いよいよ、始めるとしましょう。……シャーロック・ホームズの『論理と推理の実験劇場』を……!」

 

 


─検討開始─

 

Topic 1
 ─老人の正体─
 
 Conclusion
  亡命した露西亜の革命家


ホームズ「アヤシイ露西亜人・ロイロット氏。まず、注目するべきは……もちろん。イヤでも目に突き刺さってくる、その大きな《ハサミ》だ。いったい。それを使って何をしようとしていたのか……? その《コタエ》は……あなたを“観察”すれば、アキラカです」


「あなたは、そのハサミを使って“リッパなヒゲ”を切るトコロだった!」

 



スサト「ううん……あのようなハサミでおヒゲを切るものなのでしょうか」
ナルホド「あんなスゴいヒゲをはやす予定はないので、ピンと来ません」
スサト「でも。ロイロットさまご自身も、ピンと来ていないようです……」


(……つまり。そう《スイリ》は“ズレている”というコトか)


スサト「それでは……成歩堂さま。《入れ替え》をしてみましょう」
ナルホド「わかりました。でも……いったい、どうやって……?」
スサト「まずは……ロイロットさまをよく《観察》してみましょう」
ナルホド「『切り落とす』つもりなのは、本当に“ヒゲ”だったのか……?」
スサト「……さようでございます。そして……その《コタエ》がもし、見つかったときは……」
ナルホド「見つかったときは……?」
スサト「……そのときは。成歩堂さまに“おまかせ”いたしますとも!」


(どうしろって言うんだ……)


ナルホド「とにかく。あの《スイリ》……《入れ替え》をしてみよう。ロイロット氏が、本当に切ろうとしていたのは、なんなのか……?」


─厚手の帽子─

スサト「なんとも、あたたかそうな帽子ですね。成歩堂さま。あの帽子の“ヒミツ”……ご存じですか?」
ナルホド「え……いや、知りません」
スサト「日本を離れる前に、外国のコトをいろいろ、勉強したのですが……露西亜という国は、まさに想像を絶するサムさだそうです。帽子がないと、脳ミソが一瞬でカチカチに凍ってしまうとか!」
ナルホド「………………」
スサオ「『露西亜、おそろしや』という本に書いてありました!」
ナルホド「……おそらく、読むべき本を間違ったのだと思います」


─コートのボタン─

スサト「外套(コート)の“ぼたん”でございますか……」
ナルホド「ロイロットさん……コイツをハサミで切ろうとした、とか!」
スサト「え! いったい、なぜそのようなコトを……?」
ナルホド「ホラ。厚手の手袋をつけているとハズしづらいですからね、ボタン」
スサト「ならば。その、厚手の手袋をとればよいのでは……」
ナルホド「あ……そうか! ハサミで手袋を切ればいいワケですね!」
スサト「………………一度、冷静になって《観察》したほうがよいかと存じます」


(やんわりたしなめられた……)


─キレイな金髪─



ナルホド「こ。これは! いったい、どういうことだ……」
スサト「まあ……なんと、ウツクシイ金色(こんじき)の“御髪(おぐし)”でございます!」
ナルホド「いやいや! モンダイは、その“美しさ”ではありません。……なぜ、そんなものがこんなところに生えているのか。しかも。ゴワゴワした黒い毛の“下”から……」
スサト「たしかに……美しくも奇妙奇天烈(きみょうきてれつ)……でございますね」


(アキラカに、不自然だ……)


─はいッ!



ナルホド「あなたは、そのハサミを使って“キレイな金髪”を切ろうとしていた!」

ホームズ「……そう。まさに、それこそがボクの言いたかったコトなのですよ。その、美しい金色の髪……とても、ご老人のものとは思えない」

ロイロット「……!」

ナルホド「あなたは“女性”ですね。しかも……その髪のツヤツヤっぷりから察するに」

ホームズ「……うら若き女性なのです!」

ロイロット「ううう……ッ! この髪さえ、切ってしまえば……バレないと思った」

ホームズ「では……その美しい髪を、なぜ。切り落とさなければならなかったのか? その理由もまた、アキラカです。それを示す《証拠》がありますからね」

ロイロット「……!」

ホームズ「もちろん、おわかりでしょう。あなたの正体を示す《証拠》……それは……“革命家の記事”です!」

 

ナルホド「いや……驚きましたね。まさか……あのご老人が、うら若き女性だった、なんて!」
スサト「………………」
ナルホド「な。なんですか。ぼくのカオ、じっと見て」
スサト「……たしかに、驚きました。成歩堂さまって。意外に……。お好きなのですね。……ああいうのが」
ナルホド「え」
スサト「まさか。あの空気の中に、大喜びで踊りこんでいくとは」
ナルホド「べ……ベツに、喜んでいたワケではありませんよ! ぼくとしては! ただ! ひたすら! 純粋に!」
スサト「……はいはい。そういうコトにしておきましょう」
ナルホド「それより……見てください! ホームズさんの《スイリ》……。あの“証拠”……なんだかおかしなコトになってます!」
スサト「たしかに。ロイロットさまの正体は“女性”なのですから」
ナルホド「今さら“残酷な革命家”なんてマッタク、関係ありませんよ」
スサト「それは……《スイリ》の流れが変わったためだと思われます」
ナルホド「“流れ”が、変わった……」
スサト「新しい流れに合う“証拠”に《入れ替え》してみましょう!」


(……その“女性”は、自らの正体を隠す必要があった……。どこかで、そんな“少女”の話を聞いた気がするぞ……)


ナルホド「わかりました。……やってみます!」


──はいッ!



ナルホド「あなたの正体を示す“証拠”……それはモチロン、“踊り子の記事”です!」



ホームズ「……そう。まさに、それなのですよ! 『露西亜の名門・ノバビッチ・バレエ団 華麗なる踊り子、失踪』……。……どうやら。やっと、あなたの本当の名前を呼ぶことができそうだ」

ナルホド「あなたの“正体”は……《ノバビッチ・バレエ団》の踊り子」

ホームズ「ニコミナ・ボルシビッチさんですね!」

ロイロット「きゃああああああああッ!」

 

……………

 

 






ロイロット「……アナタたちの、言うとおり。私の、本当の名前は……ニコ。“ニコミナ・ボルシビッチ”。……おねがい。ダレにも、言わないで……」



Topic 1
 ─老人の正体─

Conclusion
 亡命した露西亜の踊り子

 


Topic 2
 ─犯した罪─

Conclusion
 踊り子の少女を誘拐している

 

ホームズ「次に……もうひとつ。あなたは、今。ある“罪”を犯しているようだ」
ニコミナ「……!」
ホームズ「そして。その罪の《証》が……ホラ。そこにありますね。……そうなのですよ、ミス・ニコミナ。ヒトは、不意をつかれると、反射的に“視線”が動いてしまう……」

ニコミナ「ぐ……」

そしてそれは、コトバよりも雄弁に……そして、正直に語るのです! ほんの、一瞬……チラリと投げた、その“視線”の先に《コタエ》がある。あなたの“罪”……その《証》こそ、その旅行鞄なのです!」

 



ナルホド「あの少女が、踊り子“自身”なのですから……。当然。あの《旅行鞄》の中に詰まっているハズは、ない……」
スサト「はい。あの方は、“誘拐”などされていなかったコトになります」
ナルホド「では……いったい。あの少女の“罪”とは、なんなのか……?」


(やれやれ……また、ぼくが出ていかないとダメ、か……)


スサト「成歩堂さま。なんだか、お気に召したようでございますね。ホームズさまの《推理劇場》にサッソウが飛びこんでいくのが」
ナルホド「……やめてください。とにかく。本当の“罪”の《証》は、他に存在するはずです!」


─旅行鞄─

ナルホド「……小さめな《旅行鞄》ですね。どうヒイキ目に見ても、ヒトが入る大きさではありません」
スサト「つまり……ニコミナさまは、“他のもの”に視線を向けたことになります」
ナルホド「でも。そうなると……それはそれで、フシギですね」
スサト「どういうことでございますか?」
ナルホド「もし、この中に、ヘンなものが入っていないのであれば。なぜ。彼女は、この《旅行鞄》を開けるのを、拒むのでしょうか」
スサト「……なにか、理由があるのでございましょうか」


─クズカゴ─



スサト「これは……この船室の《クズカゴ》でございますね」
ナルホド「……ちょっと、のぞいでみましょうか」
スサト「成歩堂さま。他人さまのクズカゴをのぞくのは、よくないと存じます」


(……クズを見るような目で言われてしまった)


スサト「とはいえ。非常事態ですから、いたしかたございませんね……」
ナルホド「そうですよね! いたしかたございませんよね!」

 



ナルホド「………………」


(見た感じ、ほとんどゴミが捨てられていないな)


スサト「うううん……ちょっぴりザンネンでございます」


─宝冠─



ナルホド「こ。これは……光り輝く“宝冠(ティアラ)”です!」
スサト「見たことはございませんが……《金剛石(ダイヤモンド)》でございましょうか! 成歩堂さま! ちょっと。アタマに載せて見せてください!」
ナルホド「え! ぼくが、ですか。ふつう、『載せてみたいです』となるのが、“女子”なのでは……」
スサト「そんな。わたしのような者が。……恐れ多いです」


(そういえば……この、宝冠。なんだか、最近。どこかで見たような気がするな……)


──はいッ!

 

ナルホド「あなたの“罪”の《証》……それは、宝冠ではないでしょうか」

ニコミナ「あ……!」

ホームズ「これは、《ノバビッチ・バレエ団》の舞台(ステージ)で使用されている“宝冠”ですね?」

 



ホームズ「このとおり。新聞に載っている写真と、マッタク同じものです。……記事によれば。“宝冠”には“2万ルーブル”の価値があるとか。……つまり」

ナルホド「あなたの犯している“罪”……それは、《窃盗》ではありませんか」

ニコミナ「うううう……」

ホームズ「……あなたは。バレエ団から、この“宝冠”を盗みだしたのですね」

ニコミナ「きゃあああああああああああああああッ! ……………ニコ。味方、いない……ヒトリぼっち。生きていく……おカネ、たくさん必要! それに……その、“宝冠”。ニコ、盗んでなんか、いない。プロイセンの伯爵が……ニコにくれた。だから……ニコのもの!」


(……15才の少女が、たったヒトリで“亡命”なんて……。きっと。とてもココロ細いのだろうな……)


ニコミナ「……………もう、いいでしょ。ニコ……ゼンブ、話したから」

ホームズ「……いいえ。まだです」

ニコミナ「え……」

ホームズ「……まだ、ヒトツ。あなたには《謎》が残っている」

ニコミナ「ど。どういうコト……?」

ホームズ「あなたは、この《旅行鞄》を開けるのをかたくなに“拒否”しています。それには……もちろん。なにか重大な“理由”があるはずだ。そうですね? ……ミス・ニコミナ」

ニコミナ「う……」

ホームズ「『ニコ、隠しゴトをしたいの』などと考えてもムダですよ。なにしろ……。その《旅行鞄》の、“中身”……ボクには、察しがついているのだから。……やれやれ。あなたは、犯罪には向いていない。“視線”が正直すぎるようです。今。あなたが思わず目を向けた……そこに“コタエ”がある。旅行鞄を開けられない《理由》……それは、その“本棚の本”に書かれている!」

 



ナルホド「ホームズさんの《スイリ》が……さっきと、まるで変ってます!」
スサト「おそらく。新しい《論理》のため、“流れ”が変わったのでしょうか」
ナルホド「それにしても……いきなり“本棚の本”なんて言い出して。アキラカに、ただの“思いつき”じゃないですか!」
スサト「そ……そうなのでございましょうか」
ナルホド「……だって。《旅行鞄》を開けられない“理由”が……。船室に並んだ本に、たまたま書いてあるワケがないでしょう!」
スサト「それは……そうかもしれません。でも。ニコミナさまは……たしかに……不意をつかれてあのあたりに、目を向けたのです」
ナルホド「……つまり。あの《旅行鞄》を開けられない“理由”は……。やはり。彼女の“視線”の先にある……というコトですか」
スサト「……はい。そう考えるべきだと存じます!」


(……あの《旅行鞄》の中には、なにが入っているのか……。それを、彼女の“視線”が物語っているはずだ……!)

 



─本棚の本─

ナルホド「どうやら……ぼくたちの船室と同じ本が並んでいるみたいです」


(長い船旅で読めるように、船員が用意してくれたようだ)


スサト「そして……一真さまの船室と同じように、倒れています。すべての本が……なぎ払ったように、軒並み」
ナルホド「ニコミナさんが、バレエの練習でなぎ払ったのかもしれませんね。とにかく……今、この本を読んでいるヒマはありませんよ」
スサト「ご安心ください。露西亜語なので、読みたくても読めません」
ナルホド「……それは、よかった。他を探しましょうか」


─小さな絵画─

スサト「小さな、かわいらしい絵がかかっておりますね」
ナルホド「これは……“のぼり坂”の絵かな」
スサト「わたしは、“くだり坂の絵”かと」


(……水平線の上に長くいると、“ナナメ”が恋しくなるのかな……)


─船室のトビラ─



ナルホド「亜双義の船室と同じ、鉄製のトビラですね」
スサト「小さくて、軽いカンヌキも一緒でございます」
ナルホド「もし、ニコミナさんがチラリとこのトビラに視線を投げたのなら……。それは『この部屋から逃げ出したい』という“意思表示”だと思いますね」
スサト「ううううん……」


─注意書き─



スサト「この蒸気船、《アラクレイ号》の『乗船規則』が書かれています。『船室内に、武器などの“危険物”、“動物”の持ちこみを一切、禁ずる』」
ナルホド「これ。ぼくたちの船室にもマッタク同じものがありました。もし……この“規則”を破ったら、どうなるのでしょうか」
スサト「それは、もう! オソロシイ“罰”が待っていると思われます。極寒の大海原の中に、ポイッと放りこまれるか。もしくは……。極挟の洋箪笥の中に、ギュッと閉じこめられるか……でしょう」


(つまり……ぼくはずっと“罰”を受けていたのか……)


──はいッ!



ナルホド「《旅行鞄》を開けられない“理由”……それは、“注意書き”に書かれています! 『船室内に、武器などの“危険物”、“動物”の持ちこみを一切、禁ずる』」

ホームズ「その《旅行鞄》には、なにか“禁止”されたものが入っている……。だから。あなたはそれを開けて、中を見せることができないのです」

ニコミナ「あ……」

……ガサ。……ガサ。


ナルホド「……今。《旅行鞄》が動きましたね。“武器などの危険物”は、ひとりでに動きはしない」

ホームズ「……つまり、ニコミナさん。その《旅行鞄》に入っているのは……」

 



船内に持ち込みを禁じられている……“動物”ですね!


ニコミナ「きゃああああああああああああッ!」



Topic 2
 ─犯した罪─

Conclusion
 禁止されている動物の持ち込み

 

 

─推理完了─
Elementary!

 

……。


ナルホド「……それでは。やはり、あなたは……」

ニコミナ「“グリムズビー・ロイロット”……ニコの本当の名前、ではない。“ニコミナ・ボルシビッチ”……ゼンブ、アナタの言うとおり」

ホームズ「あなたは、露西亜から亡命するため、公演中のバレエ団から姿を消した。そして、ゆうべ……こっそり、この船に逃げこんできたのですね」


(“こっそり”と言っても……《アラクレイ号》は、巨大な蒸気船だ。誰にも気づかれずに乗船するなんて、できるのだろうか……?)


ホームズ「あなたは、“正体”を隠すため、無謀にも《老紳士》になりすまし……。長い金色の髪を、その思い出とともに断ち切ろうとしていたのですね」

ニコミナ「……………」

ホームズ「しかし。女性にとって、髪は“イノチ”ともいえる、大切なもの。……ボクとしては。思いとどまることをオススメしますね!」

ナルホド「……でも。それでは、ケッキョク……。ぼくたちが聞いた、あの『悲鳴』は、なんだったのでしょうか……?」

ホームズ「モチロン。この可憐なレディの鈴を転がすような悲鳴だったのですよ」


(……ずいぶんとデカい“鈴”だったな……)


ニコミナ「上海から逃げたけど……コワかった。きっと。ニコのこと、探している……。だから……“変装”することにシタ。誰にも、見つからないように……」

スサト「その結果。あのような、あやしい“おじいさん”になられたのですか」

ニコミナ「……ヒゲをつけて、帽子をのせて……そのとき。新聞に気がツイタ。そして、そこに……ニコの《写真》、あった。……ニコ。コワくなって……思わず、叫んでシマッタ。もう。テッテー的に、スガタを変えなければ、バレてしまう……。ダカラ。はやく、髪を切らないと……そう思って、ニコ。ハサミを手にした」

ホームズ「……まさに、そのとき。ボクたちがこの船室に踏みこんだ、というワケだ」

スサト「………………あるのですね。そういうことが」

ホームズ「あるのだよ。そういうことがね!」


(なんと、まぎらわしい……)


スサト「あの……ニコミナさま。最後に、もうひとつだけ。その《旅行鞄》には……いったい。なにが入っているのでございますか?」

ニコミナ「……………たしかに、この中。ニコの大切な“トモダチ”……いる。どうか……ナイショ、お願い! 船長サン……船員サン……みんなに!」

ホームズ「ええ、いいでしょう。……ただし。ゆうべのことを……ボクたちにお話していただければ、ね」

ニコミナ「……わかった。ニコ。おハナシ、する」

スサト「……いかがですか、成歩堂さま。これが。シャーロック・ホームズさまの《名推理》なのでございます!」

ナルホド「……正直なトコロ……『これが』と言われても、『どれが?』という感じはありますが。なんにせよ。ニコミナさんのお話が聞けるようになったのは、スゴいです」

ホームズ「……そうなのだよ! スゴいのだよ! ああ、そうだ。それから、キミ」

ナルホド「はい……なんでしょうか」

ホームズ「両手を見てみたまえ」

ナルホド「“手”……ですか?」



スサト「ああああああああああッ! て。手錠が……戻っております!」

ナルホド「ええええええええええッ! こ。これは……いったい……」

ホームズ「ヤクソクどおり。チョチョイと戻しておいたよ!」

ナルホド「むぐぐぐぐぐ……(いつのまに……)」

スサト「……成歩堂さまの疑いは、決して晴れたワケではございませんから。これは、まあ……“いたしかたなし”でございますね」

ナルホド「……ううううん。(“いたしかたなし”なのか……)」

スサト「……それでは、とにかく。ニコミナさまのお話をうかがいましょう。わたしとしては……一真さまが目撃した“まだらの紐”の《謎》も、気になります!」


……。

 


─ゆうべのこと─

ナルホド「このトナリの船室で、殺人事件が起こったのはご存じですか?」

ニコミナ「……さっき。朝ゴハンのとき。船員から、聞いた」

ナルホド「亡くなったのは……ぼくたちの、友人でした」

ニコミナ「……! そう……なの……」

ナルホド「だから。アイツのために、今。情報を集めているのです。ゆうべ……なにか変わったコトに気がつきませんでしたか?」

スサト「なにか物音が聞こえた、とか話し声が聞こえた……とか!」

ホームズ「この船が大嵐に巻き込まれた、とか。蒸気機関(エンジン)が大バクハツした……とか!」

ナルホド「……それは、さすがにみんな気がつくでしょう」

スサト「それで、ニコミナさま。いかがでございましょうか」

ニコミナ「……わからない。ニコ。自分のコトで、アタマ、いっぱいダカラ。……なにも、知らない」

ナルホド「そう、ですか……」


─亡命─

ナルホド「《ノバビッチ・バレエ団》から逃げ出してきたのですか?」

ニコミナ「……そう。ニコ……大英帝国、行く。そこから亜米利加(アメリカ)へ渡って……。バレエ、ゼンブ捨てる。新しい人生……ニコ、待ってる」

ホームズ「ゼンブ捨てるけど……いちおうその“お宝”は、持ってきたのですね」

ニコミナ「この《宝冠》……ニコのもの! 生きていくため、ヒツヨウ! ………………ニコのバレエ団。自分のおカネ、持てない。わずかな食料と、水だけ。いろんな国で、踊るだけ……。ニコ。逃げ出すしかなかった。……自分、守るため」

スサト「それで……“亡命”の道を選んだのですね」

ニコミナ「……この船のミナサン、ニコの味方になってくれた。船に乗せてくれて……この船室、貸してくれた」

ホームズ「………………しかし。もし、そうだとすると……ヒトツ。どうにも“奇妙”なコトがあるようだ」

スサト「ええ……たしかに、そうでございますね。ちなみに、成歩堂さまは、どうお考えですか?」

ナルホド「え! ええと……それは、モチロン。本人に聞いてみるべきですよね! (……なんのコトだろう……)」


─奇妙なこと─

ホームズ「ひとつ……うかがってもよろしいでしょうか?」

ニコミナ「……………」

ホームズ「この記事によると。あなたは……きのう、バレエ団から姿を消した。……と、いうことは。あなたが、この船に乗りこんだのは、ゆうべ……だったことになります」

ニコミナ「………………」

ホームズ「しかし……この《アラクレイ号》は……ゆうべ、港には停泊していない」

ナルホド「あ……そ。そういえば……!」

ホームズ「いったい……あなたは、どうやって。この船に乗りこんだのでしょうか?」

ニコミナ「………………」

スサト「そういえば……先ほど、廊下にいた船員さまのタイドも、不自然でした。この方が、いつ……この船に乗ったのか、尋ねてみたところ……」

 



ストロガノフ「………………キサマたちが知る必要はない」


ナルホド「たしかに……そう、言ってましたね」

ニコミナ「………………………『舞台にフワリと舞い降りた、純白の天使』……」

ナルホド「え……な。なんのコトですか」

ニコミナ「……ニコのコト。露西亜の新聞、書かれた……劇評。だから、ココにも。フワリと舞い降りた。……ニコ。天使ダカラ」

ナルホド「………………不自由な英語で、なかなか画期的な主張をしますね……」

スサト「ホームズさまといい、この方といい西洋人は、豪胆(ごうたん)でいらっしゃいます」

ホームズ「『世界の叡智(えいち)をフワリと詰めこんだ神』……ボクも、そう書かれたコトがあるよ。《シャーロック・ホームズの冒険》……連載している雑誌の、誇大(こだい)広告でね!」


(とにかく……。“本当のコト”を話してくれるつもりは、ないみたいだな……)


─“トモダチ”─

ナルホド「その《旅行鞄》に……ニコミナさんの“トモダチ”が入っているのですね」

スサト「この船内に、動物の持ちこみは禁じられているようですが……」

ニコミナ「……お願い! ヒミツ。船のヒトたちに……言わないで。もし。見つかってしまったら……」

ホームズ「屈強な露西亜の船員が、よってたかって鞄ごと海へ放りこんでしまうでしょう」

ニコミナ「きゃあああああああああああッ!」


(ヒドいな……ホームズさん)


スサト「それで……“トモダチ”というのは。やはり、“子犬”さま……でしょうか?」

ニコミナ「……………」

ナルホド「もしかして。それは愛らしい“小さなウサギ”とか……?」

ニコミナ「……………」

ホームズ「はッ! 露西亜に小さなウサギがいると思うかい?」

ナルホド「え……いないのですか?」

ホームズ「……そんなの。ボクが知るワケないだろう!」

ナルホド「……はあ」

ホームズ「キミたちは、なにもわかっていない。“トモダチ”といえば……。……そう!“ニワトリ”に決まっているじゃないか!」

スサト「そうなのでございますか?」

ホームズ「だって。考えてみたまえ。朝は、大きな声で起こしてくれて、毎日、タマゴを生んでくれて。イザというときは、チキンとなってボクらのハラを満たしてくれるんだぜ?」

ナルホド「……ニワトリ側は、“トモダチ”と思っていないような気がします」

ニコミナ「……………」

ホームズ「いずれにせよ。“トモダチ”の正体は、ヒミツのようだね。あっはっはっはっは!」


(やはり……ぼくたちのこと、警戒しているのだろうか……。……とにかく。ニコミナさんには、“見てもらいたいもの”がある。……なにか、わかるといいけど……)


……。


ナルホド「ええと。これは……」

ニコミナ「サワルナ!」

ナルホド「え……」

ニコミナ「ニコ。ゆうべのコト、話す。でも……。淑女(レディ)のもの、勝手にいじる。……ニコ。それ、絶対。ユルサナイ」

ナルホド「あ……す。スミマセン……」

ホームズ「はッ! マッタク、そのとおり。恥ずかしいと思いたまえよ。淑女の部屋をのぞき回るなんてね。……ボク。それ、絶対。ユルサナイ」


(……なんかハラが立つな……)


……。


ナルホド「……これは、亡くなったトモダチの《日記》です」

ニコミナ「ニッキ……」

ナルホド「アイツは……ゆうべ。気になるコトを書き残しているのです。『午前壱時弐拾参分 低い“口笛”のような音を聞く』。そして……『午前壱時参拾伍分 通気口に、“まだらの紐”を目撃す』」

ニコミナ「まだら……ひも……」

ナルホド「この船室の“通気口”は、トナリの部屋に通じています」



ナルホド「あそこにある……アレです」

スサト「……つまり。被害者の船室とこの船室は、“つながっている”のです」

ニコミナ「あ……」

スサト「……ニコミナさま。なにか……心当たりはございませんでしょうか。被害者が聞いた“口笛”……そして、“まだらの紐”について」

ニコミナ「……………シラナイ。ニコ。なにも、シラナイ」

ナルホド「そう……ですか」

ニコミナ「………………」


……ゴン……ゴン……

 



ストロガノフ「……失礼します! よろしいですか、ロイロット様」



ロイロット「……む。なんじゃの」


(は……早いッ!)


ストロガノフ「船長が、お話したいことがあるとのことです。大至急、船長室まで来ていただけますか!」

ロイロット「……わかった。すぐに行くとしよう。……………」

ナルホド「なんですか」

ロイロット「『なんですか』じゃない。……さっさと出て行け」

ナルホド「あ。ぼくたちなら、大丈夫ですので」

スサト「どうぞ、おかまいなく。ロイロットさま」

ロイロット「……ふざけるなッ!」

ストロガノフ「さっさと出ろ! ほうり出されたいかッ!」


(どうやら……今は、この船室を調べるのはムリ、みたいだな)


スサト「ううう……ザンネンです」


(……こうして、ぼくたちは……。ニコミナさんの船室を調べる間もなく、なかば、つまみ出されるように…………というか、文字どおりつまみ出されたのだった)


……。


つづく